2021年5月11日火曜日

南沢の家 解体工事

 


「築30年の住宅を耐震&断熱改修する」プロジェクト「南沢の家」の工事が始まりました。

ご担当いただくのは、南区が地元の飛栄建設株式会社さん。「南円山の家」、「常盤の家」をはじめとして、今までたくさん300mm断熱の家を作っていただいた工務店さんです。今回は新築とはまた一味違う難しさを持つ性能向上リフォームに一緒に取り組みたいと思います。

飛栄建設株式会社HP https://www.hiei.co.jp/

現在では構造基準改定の関係で中々建設が難しくなった1階RC+2、3階木造の住宅を現代的な性能に再生します。

外装は過去一度、改修しているそうで、竣工時の外装材の上に現在のサイディングが張られた状態です。築30年ですから外壁廻りに耐力面材は当然ながら使用していません。

今回の改修では耐震性を上げるために大工さんにより構造柱の表面まで丁寧に解体し、構造用合板を貼ってまず建物外周を丈夫にします。

その上で新たな気密&断熱層をその上に作って被せてしまおうと考えています。

技術的な根拠としては、以前私も少し製作をお手伝いさせていただいた「住宅の性能向上リフォームマニュアル」(編集.発行:北海道建設部住宅局建築指導課 北方建築総合研究所)を使おうと思います。

「住宅の性能向上リフォームマニュアル」 http://www.hro.or.jp/list/building/koho/pdf/taishindannetu.pdf

いわゆるたてもの全体に渡る大規模な「性能向上リフォーム」の場合は、解体と修理も大切な工程です。

例えば解体は建物本体ではなく、庭木やホームタンクを一時撤去して、足場囲いを可能にしたり、資材の置き場や仮加工場、工事車両の出入りを考えて行います。

またその際に出る廃棄物は当然ながら全て分別し自治体のルールに従って処分します。

写真は建物正面左の塀を解体し、一台分の駐車場を確保しようとしているところ。

今日はアヴァロンジャズバンドなんていかがでしょ(笑)





2021年5月8日土曜日

住まい手さんと家庭菜園

 

GWは住まい手さんと家庭菜園。立派な畑には(有)ガーデンジャパンさんのスペシャル畑土。

これはホームセンターに売っている土とは全然違ってとにかく一年目から野菜が育つ!他のお客さんからも大好評の畑土です!

さて上の写真はトマトの苗の植え付け中。コツはメジャーで苗間隔を一定に保つこと。そうすることで伸びた後の支柱建てや手入れが楽になります。

いきなり土の上に苗を植えちゃう人がいるけどそれだとトマトのような実のなる野菜はあんまり採れなくて・・元肥を穴の底にしっかり入れてからその上に苗を植えます。

こうすることで苗の根は元肥を目指して少しでも早く伸びようとするから一石二鳥なのだそうです。

住まい手さん曰く:「無心になれるっていいですね~」

私:「でしょ~(笑)特にコロナの今は外で思いっきり汗かける機会は貴重ですよね。」

住まい手さん:「ですね~こんだけ畑あると結構植えられますね。大きい畑でよかった!」

私:「ちなみに野菜は作り過ぎて余ったら?なんて心配し過ぎないで下さいね。近所に配ってもいいし、保存の方法なんてたくさんありますし/笑」

そんな会話も楽しく1時間ちょい作業をして今日のところは終了しました。(笑)


しっかり場所決めや土作りは結構大変でも植えるのは一瞬(笑)

普通の家庭では全部、配合済みの「調合肥料」一袋で肥料を済ましちゃう場合が多いけど、私のお勧めは油粕と米ぬか。実も大きく甘くなる気がします。

ここからの写真は昨年8月。事務所菜園の収穫の様子!

上の写真は毎年、一番多く植える中玉トマトが真っ赤に熟したところ。

こちらは長粒種のミニトマト。形がかわいいので子供たちにも大人気!

こちらも毎年植えるオレンジのミニトマト。濃厚で甘みの強い味に仕上げます。

夏の暑い日・・畑作業の後に聞いてほしい。イタリアの田舎が浮かんじゃう・・でもルキアーノの歌がもう聞けないなんて・・悲しいです。









2021年5月5日水曜日

桂岡の家Ⅱ基礎工事


土間下はバッチリ断熱しましょう!

基礎断熱は漏水しないように作りましょう!

基礎断熱」は断熱材を切れ目なく連続させましょう!

1:コンクリートは「打ち手」、「バイブ」、「トンボ」が息を合わせて仕上げましょう。
①:打つ(コンクリートを)⇒②:気泡を抜く⇒③:均すを一連の動作でタイミングよく行います。




2:基礎断熱材は足場に耐える強度がほしいです。

基礎断熱材自体が型枠代わりとなるのに加え安定した足場にもなります。断熱厚みは160mmEPS特号です。

3:アンカーボルトの位置と高さは正確に出しましょう。
アンカーの位置は正確に出すと同時に土台の継ぎ手に当たらぬようにしっかり土台伏図を確認しておきます。アンカーは基礎屋さんによって治具で固定してから、一気に打つ場合もあれば写真のように逃げ墨から80mmで芯、位置は全数基礎断熱に出しておく場合もあります。

4:アンカーにはセルフレベラーの高さを明示しましょう。
基礎断熱の発達で型枠の省略化と共に基礎天端(土台下端)の平滑性がシビアに求められるようになりました。昔はモルタルで左官屋さんが水平を出していた時代もありましたが、最近はセルフレベリング(自己水平性)モルタルを用いる、少々余分に打ってカップで水平に削る、両者併用が主な方法です。アンカー一本一本にはこのセルフレベリングモルタルの水位を根元にマークしておいて慎重に水位(高さ)を見ながら注ぎ足して行きます。


今日はニールラーセンなんていかがでしょう。






2021年4月29日木曜日

畑を始めましょう!

 

春を楽しんで「家庭菜園」を始めましょう!

今年も大活躍!リョービの家庭用カルチベータ(耕運機)・・起こされた土の匂いに春が混ざっていました。

ガーデンジャパンさんから購入した畑土。

一年目から凄く野菜が育つのはお客さんのところで充分証明済み(笑)

土を作るのは大体ツツジが咲くころ・・でも苗の植え付けはまだ少し寒いかもしれない。きっと5月に入ってからですね(笑)

こちらは越冬させたパセリの苗。パセリは二年草なのでこの株は今年で終わり。パセリは写真のお馴染みのものがカーリーパセリ。この他に葉に縮れのないイタリアンパセリも植えます。生食だと味にさほどの差はありませんがドライハーブにして出来がよいのはこのカーリーパセリ。バジルと一緒にたくさん作って夏は新鮮なハーブ、冬はドライハーブにしてお客さまに配ります。
今日はラーセンフェイトンバンドなんていかが









2021年4月26日月曜日

桂岡の家Ⅱ プレカット打ち合わせ

 

4/22(木)はプレカットの打ち合わせでした。桂岡の家Ⅱは、在来工法と枠組み壁工法のハイブリッド構造。本来はヨシケンさんのオリジナル工法ですが、それを300mm断熱に対応し易いようにアレンジして使います。

プレカットを担当していただくのは株式会社エーステックさん。なんとこの工法専門のプレカット工場です。

実は私も不勉強だったのですが、北海道においては国産由来の在来軸組み工法と主にカナダ北米由来の枠組み壁工法(2×4)が長らくしのぎを削ってきました。

現在の在来軸組み工法は耐力面材の採用や金物接合、構造計算の標準化等々・・・2×4の影響を大いに受けてはいますが、名前が示す通り現場で行う工程が多く国産の木構造に分類されています。

それに対して最低限の柱と梁は従来通り現地で建てるものの、建てた柱と柱の間は2×4と同様、工場生産のパネルでスピーディーに連結して行くのが今回のハイブリッド工法です。

建て方と呼ばれる柱梁の組み立て工程が約半分に短縮され軸組み工法の自由度と枠組み壁工法の生産性と堅牢性を併せ持つ工法として今とても注目しています。

株式会社エーステック https://www.tk2430.co.jp/acetech/

今日はIZ.ONE選抜でZERO:ATTITUDE 彼女らを見ていると従来のアイドルが急速に色褪せて見えてきます。





2021年4月20日火曜日

桂岡の家Ⅱ 根切工事

本日は快晴の中「桂岡の家Ⅱ」の根切工事が始まりました。今日はとても暖かで気の早い桜のつぼみがピンクに色付いてきました。

旧国道5号線より山側に位置する敷地は基本は石原。掘るとたくさん石が出てきます。地盤は非常に良好なのでシンプルに直接基礎(杭ナシ)で家が建ちます。

写真は総掘りをしたところ。パッシブ換気と収納目的で床下をいわゆる”床の下”ではなくて暖房された室内として使うために、基礎の大きさで総掘りした地盤に水はけのよい砂利を入れてよく突き固めて均シ、防湿&断熱してから厚さ15cmのコンクリート耐圧板を打ちます。
今日は風が強く沖では白波が立っています。光の強さのせいもあると思いますが冬の憂鬱な色とは全然違って見える春の海です。居間にはこの景色を取り入れたいと思います。
反対から見るとこんな感じです。重機(ユンボ)の後ろに山のようにそびえるのがEPS断熱材。基礎立ち上がりは外断熱で160mm厚、耐圧板下は50mm厚。

基礎の周りが毎年冷たい雪解け水に触れても床下が冷たくならず結露しないように、基礎は一般的に多い外周部だけではなく耐圧板下まで断熱してしまいます。丁度船底をぐるりと断熱する要領で地盤の熱が基礎内に伝わらないようにします。

よく聞く床下の夏型結露は地盤の冷たさで冷やされた基礎のコンクリートに夏場の暑く高湿な空気が触れて起こります。解決策はシンプルに冷えたコンクリートを暖めることですが、もし断熱が無いと加温するための設備を丸々後から床下に入れねばなりません。そこで断熱と暖房熱源を最初から結露し易い床下に計画しておくのです。仮に結露したとしてもほんの少し暖房を稼働させれば結露は解決。近年のゲリラ豪雨や夏場の異常な蒸し暑さで北海道の家も冬のみならず夏場の結露対策も重要になってきています。

30数坪の小さな家でもこれだけのボリュウム。建築好きな近所のお父さんからはほぼ必ず「こんなにどこに使うの?」なんて声が聞こえてきます。

断熱好きが多い北海道の人でも想像を絶する量なのだと最近気づきました。実はこのくらいは使いませんと快適な家にはできません。一般に多い50~75mmでは全然不足。もし薄くしたいのなら断熱性能の良い高級なXPSをお薦めします。
こちらは基礎外周部立ち上がりに使う160mmです。

今日は風も気持ちいいしバンアパだね(笑)



 

2021年4月17日土曜日

桂岡の家Ⅱ 地鎮祭

 

今日は「桂岡の家Ⅱ」の地鎮祭でした。予報は雨だったのでヨシケンさんのN所長さんがテントを設置して下さいました。運よく雨には降られませんでしたが、時折日もさして穏やかな春の地鎮祭となりました。

想えば昨年から新型コロナ感染症で中々お打ち合わせが出来なかったり、前の現場が中々進まなかったりと色々ありました。

たくさんいる建築家の中から私を指名頂いた建て主さまとそのご縁に感謝して精一杯楽しい家づくりにしようと心に決めました。

宮司さんの朗々と響き渡る祝詞(ノリト)の中で自分の名前が呼ばれるとあらためて嬉しさとファイトが湧いてきました。今まで何十回も地鎮祭は経験して来たはずなのに毎回、新鮮な気持ちになります。

お二人とご家族のみなさまが玉串を奉納し柏手を打つ音を聞きながら、工事の段取りを思い浮かべました。

これから秋まで一緒に頑張るN所長。今日は準備ご苦労さま。よい家になりますようにまた一生懸命に頑張りましょう!(笑)
とても心のこもった地鎮祭を執り行っていただいた宮司さん。安全に気を付けて精一杯良い現場にいたします。本日はありがとうございます。

今日は春の日に相応しい曲・・早く桜が咲くといいのに