自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年4月21日日曜日

この季節に想うこと!

今日は少しだけ呟きます。(笑)

想えば今の発寒の事務所に移ってあっという間に7年が過ぎました。2006年に菊水の事務所を引き払い、自宅のそばで事務所を探したものの中々よいところが見つからなかったときに、ふと見つけた古い美容室。その二階に「お部屋貸します」の張り紙が...「商店街の真ん中だけどまっ!いいか」そんな感じで場所が決まり今に続いています。ほんと出会いは不思議。仕事も同じ。(笑)

5月、6月、7月の季節の良い時期に着工したいですよね~!

年内の完成予定が3軒。逆算すると着工は遅くても8月が限度ですね~、ほとんどが長期優良住宅なので確認申請と適合審査、所管行政庁の認定の3点セットを経なければ着工が出来ません。その3点セットで2~3週間。ということは7月には全て申請提出?。ということは実施設計に取り掛かるのは6月あたまが遅くても限度。ということは今年は(も/笑)ありがたいことにゴールデンウイークはありません。メーカーも長期の休みに入るので宿題は4月中にみなさんにお願いしないとね~。どーして毎年こうなんでしよう?(笑)

昨年は、おせわになった先輩、学生時代から憧れていた先生が次々に亡くなられた。自分も今年50歳。人間ってほんとうに何があるか分からないものですよね~。たくさんのクライアントさんに恵まれて、毎年取り組むたくさんの仕事のあることがいかに幸せなことか...心新たに今年も頑張ります。

最近、30代の若い世代の建築家の独立をよく聞きます。ありがとう!でもたいへんだよ~(笑)
彼らのこれからを心より応援しています。

小さいことは悪くない。小さいのに狭くない、諦めた気持ちにならない。宝石のような間取りを最近よく夢に見ます。設計者の仕事と価値を理解しチャンスをくれる若い世代が増える反面、20年前に比べて150万以上下がってしまったといわれる、マイホーム取得世代の年収。私に出来ることは費用対効果を最高に高めること。コストクオリティーを磨き上げること。この時期になるとたけのこのように建ち始める、悲しい建売にけして負けることなく頑張りたい。

さて明日もがんばろう!ものづくりに平坦なんてないのだから。