自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2010年10月26日火曜日

菊水の家 外貼り断熱工事

白く見えるのは外壁に貼られた防水透湿シートです。フェノバボードの9cm厚はこの下に貼りこまれています。下の写真を見ても分かるようにジョイント部分にはヒートブリッジが現れません。

菊水の家では現在外貼り断熱工事の真っ最中。本日も寒い中ごくろうさまです。外壁の仕様は基本的に南あいの里と同じですが、サッシの種類が違うために窓周りの取り合いがずいぶん異なります。それにしても外貼り断熱材も最近は厚くなる一方です。先日のブログでDr.タギ氏が言っていたように、これからは建物の省エネ性や環境性を断熱に軸足を置いた方法論で満足させてゆく必用があります。暖房機のパワーに頼る暖かい家やECOな家が現在までの主流ですが、ずいぶん最近は見直され、むしろ市民の方の意識が高いですね~。

一階の車庫部分が作業場になるところは、銭函の家に似ています。


南あいの里の家 断熱気密工事

今、現場では気密工事が終了に差し掛かっています。室内部分に貼る気密フィルムは経年変化に強いJIS A6930-1937、厚手の0.2mmフィルムを重ね、更に長寿命のアクリルテープでテーピングしてゆきます。

トップライト周りです。今週末に予定されている、気密測定に向けて入念に気密化工事が進みます。

長期優良住宅の構造要件である、通常設計+25%UPを満足させるために、南あいの里の家の現場ではステンレス鋼のブレース(筋交いを)用います。サッシを構造の外側に持ち出し、筋交いに干渉しないように工夫することで、外部には水平に窓を連続させながら、構造強度も確保します。

難しいのは気密層を破る部分。しっかりふさぎます。

今日は、みぞれ混じりの寒い日ですが、屋根が完璧にできているので安心です。日本の在来工法は、屋根から先に作りその下で外壁を貼り、内装をします。反対に枠組み壁工法(2×4工法等)では最後に屋根を乗せるために今時期の季節だと現場はぐっと大変になります。何気ない順序や手順の中にも、日本独特の四季に対応した工夫を感じませんか?

屋根の雨水が、破風を伝わるのを防ぐためと、シュッとシャープに屋根のラインを出すために破風は内側に45度転ばして(傾けて)あります。さらにこのまま、妻側(三角の屋根型が見える方向)は、登りながらさらに屋根の中央部が大きく跳ねだす破れ破風ですから、二次元の図面を見ただけではコーナー部分の寸法を出すことは出来ません。日本の大工さんは1:1の寸法の他にルート2倍の寸法も自在に差し金で扱います。うらがねと呼ばれ差し金の裏に書かれた目盛りを用いてこうした寸法を決めるのです。

妻側の破風と桁行き側の破風が転びながら閉じるコーナー部分。