自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2015年7月6日月曜日

山の手の家 気密部位確認

今日は大部分が終了した室内と屋外の気密処理を見て回ります。
現在は主流となった厚みが0.2mmある厚手の色付きビニールで気密を取り直した「山の手の家」です。元の躯体(外壁や基礎)を極力、修理+再生しながら使い、最新の300mm断熱の新築と遜色ない性能を目指しています。
 
 
写真は新たに設けた給気口廻り。右に古い給気口の跡が見える。内部にはしっかり断熱材を充填し気流止めとしています。色付きの厚手ビニールを使うのは気密シートの重ね巾10cmを簡単に目視で確認するため。私の現場ではこの10cm以上の重ね巾に加えてつなぎ目は全てテープ止めとしています。新たに設けられた給気管は壁のオレンジ色のビニールとガスケット+気密テープを使って接合されます。ガスケットが無いと管の周囲から室内の湿り空気が簡単に壁内に進入します。以前の仕様ではこの部分が不完全でした。
 

給気管の外部側も同じように処理します。
 

床の気密を取ることは「山の手の家」の長年の課題。しかしビニールをどこでジョイントするのかは難しい課題でした。床下が無いので下から作業もできず、いろいろ考えた末に間仕切壁の芯で写真のようにテーピングすることとしました。

外壁と間仕切壁のT型交差部分です。壁のビニールを通し、壁芯でテーピング。配線断熱層と巾木の下地を兼ねる45×105でビニールを既存壁の間に挟みます。

悩ましいのは間仕切り壁内部の筋交いの足元。極力テーピングで対処しますが最後はダメ押しでウレタン充填としました。
 

こちらはサッシの角部分の気密の取り合い。しっかりテーピングしてコーキングで気密します。

こちらは上部の角部。テープもしくはビニールシートを増し貼りしてしっかりと気密を取ります。
 
在来木造はそのままでは断熱のし難さが目立つ工法と言ってよいと思います。断熱の品質を上げるためにはその断熱が難しいところを改良してやる必要があります。そんな目で見ると近年の工法の進化に断熱の果たした役割を知ることが出来るなと感じました。
 
 
 
 

発寒の家 お庭が気持ちよさそう

昨日は近くの山をトレッキング、西区なんで近くには良い山が一杯。その帰りに寄った「発寒の家」の現在の様子。完成して早くも3年目。お庭がとってもきれいにできていました。

通りに草花が映えていい感じ。建築本体も無塗装の杉板が味わいを増してきました。

二年前までは良質なオーストラリア製の枕木(ユーカリ)が手に入ったのでかなり大胆にアプローチに敷き詰めましたが、現在はもう入ってこなくなったそうです。味わい深い材料だったのでちょっと残念ですが、そこは毎度、工夫してガーデンジャパンの小坂さんにいろいろと教えてもらっています。

しっかり作りこまれた庭園だとやはり維持がたいへんです。もちろん庭師さんの仕事を残すという意味ではそうした伝統的な庭造りも大切なのですが、やはり技量を要する剪定や冬囲いは今の時代は敬遠されがちです。建築と同じようにガーデナーも伝統を時代に合わせて新しく翻訳するセンスが問われます。一見気取らず無造作に植えているように見せて、後から住まい手のほうで草花を追加してもバランスが崩れないフトコロの深さ。建築もそうですが住まい手の手が入る余白を残したデザイン。神経質に作り込み過ぎず、絵を掛けたり調度を選ぶ楽しみを見つけられるって、とても大切だと思います。 「俺のデザインに住め~!っていう建築家がまだまだ多いけど、私は苦手。ある程度から先は、むしろ住まい手さんの手が入ることで住まいはどんどん面白くなるから。自分でぜーんぶ決めちゃうと、どこまで行っても想定内の出来上がりにしかなりません。相乗効果の楽しみのないものづくりって退屈だな~って最近つくづく感じます。 歳でしょうか?(笑)
 
今日は最近製図中に聞いているモーツアルト。一緒にいかが?(笑)