自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2011年8月20日土曜日

西野の家 上棟式

今日は西野の家の上棟式です。宮司さんを招き家内安全と現場の無事故、なにより立派に出来上がるように全員でお祈りをします。地元の神社の宮司さんは若いのに朗々と響く声が素晴らしく皆で晴れ晴れとした気持ちになりました。

設えられた祭壇。

建物の四隅を払い清める宮司さん。

午前中の雷雨がうそのように晴れ上がり、絶好の上棟の日和となりました。

皆の名前の刻まれた棟札は塔屋に納めます。

稚内へ 気密測定

8月19日は竣工が目前の稚内のオフイス案件の気密検査です。もちろん道中の相棒はDr.タギ氏、弊社の設計上すっかり欠かせないキャラクターになりました。実は今回の稚内のプロジェクトはいつもお世話になっている物林㈱さんのお手伝いです。平屋の事務所ながら、極力環境的な省エネ建築にしたいとのご相談を受け、間取り以外の部分をお手伝いさせていただきました。

外壁は、木材酸化塗料によるナチュラルな風合いが特徴です。


右が無塗装の杉材、左側が塗装したものです。通常の塗装のように木肌に塗膜を形成するのではなく、木材の表面そのものを酸化し皮膜化することで長期間木材を保護します。色はよく見るとグレーパープルの味わい深いものです。

匂いも少なく美しく枯れた風合いに仕上がります。
いよいよ気密試験開始、今回の大工さんは、ここまでの気密施工は初めてとのことですが、たいへん丁寧に取り組んでいただいて、なんと最初の1回目でC値(隙間相当面積)が0.2cm2/m2を達成しました。というわけでなんと30分で検査は終了してしまいました。(笑)今までの現場で新記録です。

押縁にビスを打ち下ごしらえをしているところ。

たいへん丁寧な仕事をしていただいたM棟梁。

現場をまとめるハート建築設計事務所(という名前の工事店さんです。)の齋藤社長さんと、最高の性能が出て満足げなDr.タギ氏、もちろん齋藤さんも大きな「ホッ!」が出ていました。

道北の夏は短い。空には秋の気配が。

大工さんが宿泊するのは、町内に借りた一軒屋。ハートさんの事務員のSさんは、凄腕の料理人でもあります。本日のお昼のカレーライス。これぞ正しき日本のカレー。量も具の大きさも現場で働く男の一人前です。けして大盛ではありません。(笑)
次の日、札幌に帰り着く頃にはオドメーターは900km目前。さてこれから上棟式です。

帰りの車の中で道北の空を見ながらこんな歌が聞こえてきました。