自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2011年10月13日木曜日

西野の家 内覧会のご案内


ブログを通して現場の様子をお届けしてまいりました「西野の家」の内覧会を行います。ぜひ当日はお誘い合わせの上ご来場いただければ幸いです。「愛犬とのんびり暮らす」をテーマに簡素で気取らない外観とは裏腹に北海道特産のローテクでECOなノウハウが満載です。ぜひご覧下さい。  


チーム西野  プロジェクトマネージャー   山本亜耕


「西野の家」とは?

2009年から開始した住宅300mm断熱プロジェクトの第四弾となる。昨年の「南あいの里」、「菊水」のプロジェクトで得たノウハウをもとに、さらに費用対効果を高め坪50万円台前半で可能な普及型300mmプロジェクトとなっている。自然換気でありながらQ値は1.0W/㎡kを切り、必用暖房容量はついに2kw台に突入するなど、ほとんど機械暖房に頼らないパッシブ(受身/Mか?笑)な設計思想も健在ながら、屋外にドッグランをもち、道南杉の無塗装貼りの外観や土足で使える大きな屋内土間(今回は水洗いも可能)、手稲山を見渡せるロフトやごろ寝が可能な畳スペース等々盛りだくさんです。



■データー

①:Q値   1.0W/㎡/k(自然換気0.5回/hとする。)

②:C値   0.2cm2/㎡(断熱気密工事終了時)

③:必用暖房容量  2.7kw(*:但し外気温-13℃、室温22℃の場合) 

④:断熱  壁:30cm相当、屋根:40cm(グラスウール24kg/m3)

⑤:換気      パッシブ換気

⑥:暖房      主暖房:ペレットストーブ、予備暖房:電気式パネルヒーター

⑦:給湯      電気温水器

⑧:断熱サッシ  ガデリウスニューエリートフェンスター
           (アルゴンガス入りLOW-E3層ガラス+樹脂スペーサー)

⑨:断熱材    GW24kg/m3


*:建築主さまのご好意により会場をお借りしています。内覧会終了後はお引渡しが決まっておりますのでご見学の際には、ご配慮をいただければ幸いです。また会場は住宅街ですので車でご来場の際は、近隣の迷惑になりませぬようお願い申し上げます。

「チーム西野」 紹介


■プロジェクトマネージメント(設計、監理)  山本亜耕建築設計事務所

■生   産(ゼネラルコンストラクター)   ㈱丸稲武田建設

■建築環境計画                 (有)タギ建築環境コンサルタント

■構造材                     物 林㈱

■断熱サッシ                   ガデリウス株式会社

■ペレットストーブ及び道産ペレット     ㈱イワクラ

■オーダーキッチン              クリナップ㈱直需事業部

いよいよ現場も終盤、気分はちょっぴり淋しいですが~..まあハローグッドバイってことで。
http://www.youtube.com/watch?v=0jEpgb6_dzI