自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2009年10月28日水曜日

西岡の家 内装工事 追い込み!

西岡の家の内装工事も5日からの内覧会に向けて追い込みです。極限までローコストを追求しつつも職人たちの手の跡が残る建築をつくりたい。いつもそう思います。合言葉は「建築地産地消」みなさん頑張ってください!内覧会のご案内 http://ako-re.blogspot.com/2009_10_24_archive.html

壁のジョイントボードにパテ処理をしている様子。秋晴れと紅葉の中作業は進みます。

手摺子の脚部のディテール(細部)鉄はよく磨き上げられているか?でも角は十分に研磨されて鋭すぎないか、必ずFBフラットバー(鋼鉄製薄板)の場合、塗装前に設計者は触ります。握りやすさなら木部を握り棒としますが、吹抜けに重たい影響を与えないように今回は最小断面のFBを用いて手摺を作ります。

華奢な断面の手摺ほど、揺れ止めのためには2点止めが原則です。


寝室のヘッドボード側の壁は紙網代を用いて部屋に向き(指向性)を与えます。床の間の床奥や奥行きを強調したいときによく行ないます。角をRに落とすのも好きな意匠です。


朝日の差し込む「西岡の家」の居間。もう少しです。