自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2014年11月28日金曜日

宮の森の家 内装工事直前

大工さんを増員し外装を終え、無事足場を解体した「宮の森の家」。夏場の遮熱、周囲の家からの視線制御、6名分の洗濯干しスペース、ゴミの仮置き場、そして家族のイベントスペースを兼ねるテラスが特徴的です。さらにこのテラスは下階のカーポートの上屋を兼ねるとともに建物前面の雪や雨が気にならない通路スペースとして一年を通じて活躍します。従来の北海道の家では家の内と外しかありませんでした。要は寒さを気にするあまり寒いところ(外)、暖かいところ(内)しかない家が増えてしまったのです。しかし暮らしとはそれほど単純ではなく、特に多世帯住宅の場合は寝具を含む洗濯物の量は非常に増えます。特に育ち盛りの子供がいると単世帯住宅でも毎日の洗濯物の干し場に苦慮することがほとんどです。運よく全て室内に洗濯乾燥室が取れればよいのですがほとんどの場合、坪数の増加につながったり最終的には建設費を押し上げてしまう事も珍しくありません。そこで宮の森の家ではこうした課題を効率よく解決する手段として二階のテラスを計画しました。
 
内装直前なので天井裏には様々な配管や配線が通されます。これらを天井のボードが貼られる前に全て確認してゆきます。

二階が乾燥洗濯室、下階の一部が寝室となる部分には遮音のためにグラスウールを天井にも充填します。多世帯の場合は親子といえど生活時間帯やそのライフスタイルは大きく異なる場合も少なくありません。極力寝室の上に騒がしい部屋が来ないように世帯間のストレスが増さないように上下のレイアウトを考えますがどうしても難しい場合はこうして今のうちに手当てしておきます。

電気配線、排水縦管、暖房管、冷温水管。建物の上下でお湯と水を使う場合はこれらの交通整理が欠かせません。

階段の下には暖房+給湯ボイラーが納まりますからそれらの排気口や動力(電源)等々全て確認してゆきます。

玄関の枠がつきました。床のフローリングの原板を美しく継いで太鼓状の面を取り枠としています。オイルで拭くとカバ材の赤味が引き立ってさらによい風合いになります。アベノミクスが上手く行かず、最近端は円安が続き輸入木材が高騰していますが地域材とそれを生かす腕を持った職人さんのいるおかげで当初の予定通り現場は進んでいます。グローバル経済と言われて久しいのですが、いつも為替の変動を気にして神経質に予算が上下するのは建築にとって、けしてありがたくはありません。投機や株式の流通には好都合でも、ものづくりには不向きだと思います。やはり地域で取れるものは使い、出来ることはするというのが最終的には建築価格を安定させる上で大切になると思います。

宮ノ丘の家Ⅱ 土止め擁壁工事

建物本体の基礎は建て方が可能なところまで到達した「宮ノ丘の家Ⅱ」。後は建物の両袖に当たる部分の土止め擁壁工事です。敷地が全て急傾斜地のために建物を道路から3m離しその間を埋め戻す事でかろうじて建物の前に水平な地面ができます。その地面が出来ないと材料の荷下ろしやゴミ箱の設置が出来ません。傾斜地に建物を計画するということは、平地とは異なり敷地の周囲の利用が大きく制限されます。

 
 
 
 
 
土止め擁壁を縦にニ分割して道路境界線と擦り付けます。レベルを覗くI所長の下の地面も人工埋め戻し地盤です。工事中に一気に道路までコンクリートを打つ方法も検討しましたが、もし地盤に崩れ等が生じた場合にダムとなる建物本体が完成していないと難しいのでは?との判断で道路との接続部分を後施工としました。
 
25cm厚の擁壁で隣地に土砂が流れるのを防ぎます。
 

道路面から見ると通常の二階建て足場ですが、下から見上げるとほぼ4階建て弱の足場高さとなります。いよいよ土台敷き、完了後は待ちに待った建て方開始です。


2014年11月25日火曜日

澄川の家 内覧会を終えて

 
おかげさまで無事、内覧会を終えることが出来ました。年末を控え貴重な連休にもかかわらず150名を越えるたくさんの方々にご来場いただきました。「チーム澄川」の一員として心より御礼申し上げます。また建て主であると同時に現場所長を務めてくれたM所長、そして弟のM棟梁、協力業者のみなさん、建材生産者のみなさん、流通事業者のみなさんにもこの場をお借りして御礼申し上げます。良い意味で刺激に溢れた学びの多い現場になりました。今後とも精一杯、精進してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
オープンで暖かなユーティリティー。外部テラスに出るドアには曇りガラスのフィルムを貼る予定です。脱衣所と洗濯そして洗面を兼ねる事も多いこうしたスペースは小さな家でも明るく広々と作りたいです。 
最近増えてきたシースルータイプのユニットバスは脱衣所を広々と明るく見せてくれます。その一方で脱衣時の視線が気になりそうと感じられる方も多いと思いますがそんな時のために脱衣スペースのみカーテンで仕切れるように考えています。

しっかり(超)断熱するメリットの一つは、室内の余計な間仕切りを減らせる事。小さな家でも驚くほど明るくオープンで広々します。断熱に自信が無いと(玄関の寒さを解決できないと)玄関ホールと土間の間に建具が必要な気がしてきませんか?(笑)しかし実際は必用なくなります。

 
超断熱によって余計な間仕切りが消えるということは、今まで寒さを理由に小さな部屋に分けていた空間をまとめて一つにすることが簡単になります。分りやすい例では居間(L)+食堂(D)+台所(K)を一体にしたいわゆるLDKの大空間。もちろん平面的に大きくするだけではなく吹き抜けのような垂直方向にも部屋を拡大することが容易になります。「北国で吹き抜けなんて作るもんじゃない。」そんな風に言われた時代もありましたが今ではより明るく美しい光を愛でることや日射熱を室内に取り込んで暖房費を削減する事も出来ます。 

「澄川の家」の朝。日照時間の短い冬場こそ、居間を光で一杯に満たすために外部の庇の出巾や窓の大きさを計算しています。

北国の冬の日は短い。しかしそれに合わせて間取りを工夫すればむしろ明るく楽しい季節になります。それにしても太陽が低いのが光の角度で分りますよね~。

 
超断熱により、暖房に必用な熱量自体が減ると逆に日射や人体発熱、照明や炊事、洗濯、家電等の生活排熱が無視出来ない暖房に変わります。結果として薪ストーブだって家計を気にせず楽しむ事はもちろん燃料費の高騰も気にならなくなります。よく、「電気料が上がったのでこれからの暖房はなにがよいでしょう?」という人がいますが、そもそも燃費が良い車なら別にガソリンでもディーゼルでも電気だってかまわないと思いませんか? 中々今までの経験から抜け出せない人や逆転の発想に乏しい人に限って効率の良いハイパワーな暖房器具に頼りがち。実は暖房器具の種類なんてあまり問題じゃありません。好きなものでいいんです。(笑) 

夕方、照明が点いてからもきれいでした。
 

大好評だった家庭事務コーナーと勉強スペース。

キッチンは今回もクリナップさん。素敵なキッチンをありがとうございます。
 
今日はこの仕事のきっかけを与えてくださった奥様にシューマンを贈ります。

2014年11月17日月曜日

澄川の家 内覧会のご案内

 
かねてより、「チーム澄川」一丸となって取り組んでまいりました「澄川の家」がおかげさまを持ちましてもうすぐ完成の予定です。つきましては見学会を行いますのでご案内させていただきます。なおご来場は事前にお申し込みをいただいた方に限らせていただきますので予めご了承下さい。

■澄川の家とは?

 光栄にも仲間から指名されて始まった「澄川の家」。
お話しの発端はいつも断熱材を供給してくれるパラマウント硝子工業㈱の担当者Mさんからだった。「自宅を考えているのですが設計をお願いしたいんです。ただ作るのはまだ300mm断熱の経験がない主人の会社です。これって可能でしょうか?」いつも屈託のない朗らかな彼女の言葉は今回も相変わらず明解なものだった。彼女のご主人が工務店の二代目で昼間仕事をしながら深夜まで資格取得の勉強に取り組んでいることや数年前の内覧会に弟さんの棟梁と共に見学に来ていたのは知っていた。しかし工務店にとって設計事務所は敷居が高いだろうし、ましてやお互い初めてのチャレンジはきっと決心までのハードルも高かったはずだ。そんな想いが一瞬頭を過ぎったのも束の間、「はい!精一杯努めます。」と次の瞬間、笑顔で快諾してしまった。後で想い出して見ても少し不思議だが、きっと仲間からの依頼が本能的に嬉しかったのだ。今まで数々の現場を共に
納めてきた仲間から「今度は私の家を!」と指名されることはやっぱりたいへん嬉しく名誉なことだ。昨年も初めての工務店さんとの素敵な出会いがあったが今年も心機一転、精一杯頑張ろう。そうして現場は始まった。しかし掛け声通りすいすいとは行かないのがものづくり。ゲリラ豪雨事件をはじめ多くの困難が...(ここら辺はぜひ過去ログを参照してください。)

■コンセプト

早くから開発が始まった澄川地区、1972年の冬季オリンピックに合わせて開通した札幌市営地下鉄南北線は選手村のあった真駒内と札幌の中心市街地を経由して麻布をつなぐ。地下鉄駅沿線のまちが栄えその周りに住宅街が開発された70年代。今回の敷地もそんな歴史を持つ街並みの一角にある。北側敷地で日当たりが良くないこと、東西南の隣地は既に建て込んだ状態である事。そこに共働きの夫婦の住まいを設計することになった。お互いの車が二台縦列で止められることや子供ができた時には簡単に模様替えが可能なこと。家族共用で使う書斎コーナーや特注の対面型キッチン、日当たりの良くない敷地の性質を逆手に取った吹き抜け付きの二階リビング。地場産の超断熱サッシや遮熱ブラインドに断熱ブラインド。暖房は床下温水暖房と薪ストーブ。換気は今回地熱で冬場の冷気を予熱するアースチューブ(埋設給気管)付きのパッシブ換気とした。内装はクロスの他に左官やタイルを多く用いている。外装は今回が始めての木製の目透かし貼り。今まで多かった押し縁とはまた一風違った表情になっている。その他に屋外からも屋内からも使える食品庫付き物置や外からの視線の乱入防止と日射取得を両立する縦格子、室内化された屋外テラスも備え、まちなか暮らしが楽しめるように考えた。

●北国の特徴を生かした、二階居間(LDK)型プラン
●断熱方式を変え採光を得るための居間吹き抜け空間
●寒さを暮らしに生かす冷温庫付物置
●対面型キッチンはカバ材を用いた専用設計
●食卓は旭川家具による伸縮テーブル、椅子や床ガラリも地域産
●パッシブ換気+アースチューブ(地中埋設給気管)
(換気と暖房に自然エネルギーを併用する北海道産技術)
●薪ストーブによる穏やかな輻射暖房
●塗り壁、タイル、道産カラマツ、カバ材による内装
●給湯と暖房(熱源:プロパンガスによる潜熱回収型ボイラー)
●ドイツのPHI-A認定のサッシ(断熱サッシとして現在、世界最高の性能です。)
●圧倒的な断熱性がもたらす寒さのない穏やかな室内(300mm断熱)
●週末の焼肉が楽しみになるインナーテラス
●夜を楽しむ内照式照明、LED照明
●北海道産とど松による木貼の外装(開放型通気層/目透シ貼)
●屋根は0勾配シート防水による無落雪タイプ
■見学をご希望の方(北方型住宅ECO推進協議会HP、北方型住宅HPをご覧の方々も同じ)
1:住所、2:氏名、3:ご連絡先(携帯でも可)を記入いただき下記のアドレスまでお送り下さい。
確認の後、地図を返信させていただきます。

連絡先 teste-ako.ao@dream.com(誤送信防止のためteste-以降のアドレスをお使い下さい。)

*:いただいた個人情報はご本人様確認以外には使用いたしません。

■おねがい
おかげさまで、最近の内覧会はたくさんのご来場をいただくようになりました。これもひとえにチーム全員の活躍を楽しみにしていただいているみなさまのおかげと心より感謝いたします。しかしその一方で近隣とのトラブル(違法駐車、ゴミ、タバコの投げ捨て等)も見られるようになりました。残念!(もちろん少数の心ない人の仕業ですが/笑) 私たち地域の作り手に興味をもっていただき、貴重なお時間を割いてまでご来場いただくことは嬉しい限りです。ぜひたくさんの方々に地域の職人さんたちの仕事を見ていただきたいと思いますが、こうした現状も踏まえ、ご理解をいただければ幸いです。ハードルを上げることはけして本意ではありませんが、たとえ人数は減っても実りある見学会を目指してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。 ぺこり
                         「チーム澄川」プロジェクトマネージャー  山本亜耕
 
今日は竣工の目処もついて久々の「ホッ!」が出ました。
気分はモーツァルトですね~(笑) https://www.youtube.com/watch?v=RXjafS7LlEA

 

澄川の家 製作家具工事

実は僅か26坪の「澄川の家」ですが食卓テーブルは6人掛けなんです。もちろんそんな大きなテーブルがそのままでは入りませんから折りたたみ式。その製作を担当したのはもちろん上川の「匠工芸」さん。先日、現社長の桑原義彦氏が「黄綬褒章」を受章しましたが、当事務所の椅子やテーブルを長年作ってくれる老舗の家具屋さんです。
 
黄綬褒章について http://takumikohgei.com/news/

これが伸び縮みの仕掛け。黒いのは天板の反り止めの分厚い鉄板。材質は?まあ~「匠工芸」と言えばナラ材ですよね~(笑)。

写真のテーブルは見ての通りチョット取り付け方も変わっていて半固定式。奥に見えるフローリング製の対面キッチンにテーブルの片側を固定する事で本来は4本必用な脚を1本にまとめてしまいます。

M所長と匠工芸の二代目K部長の協働作業。同じ二代目同士、これからも刺激しあってよいものを作ってくださいね~。

取り付け完成がこの状態。足元がスッキリしてお掃除もラクラク!(笑)天板をフルに延ばせば長さは1.8mの6人掛け。混み合う椅子の足元も、テーブルの脚がないとほんとストレスがありません。

こちらが通常の4人掛けに畳んだ状態。

跳ね上げる事でもうニ席分のスペースが簡単に作れます。こんな合理的なレイアウトが可能なのも今回、流しを担当してくれたクリナップ㈱さんと㈱匠工芸さんのコラボレーションのおかげ。普段から風通しの良いコミュニケーションを作っておくことでそれぞれの得意分野を生かしたものづくりが可能になります。写真の対面型キッチンは最近考案した新しいデザイン。「コの字型レイアウト」のもの。壁面長を最大限使えるので小さなスペースでも対面型レイアウトや6人掛けテーブルが採用し易い。個人的には立派なソファーよりも大勢で囲めるテーブルのデザインが好きです。

今回も床ガラリは「匠工芸」枠はエコシラ合板を留め切りにして納めました。
 
今日は森山直太郎で若者たちなんていかが?昔の歌だけどちょっと涙が出そうになるのはなぜ?
 

宮の森の家 外壁木貼り工事

快調にピッチを上げて外装の一回目がほぼ完了した「宮の森の家」です。実は以前にも触れましたが、私の設計する案件はこの木貼りの外装に人気が集まっています。安価な貫材を縦貼りした簡素なものですが、意外や完成からほぼ一年で味わい深く色変わりします。

隣地の賃貸マンションの窓が敷地に向いてずらりと並んでいるので、後から家を建てる当方としては何らかの配慮が必要となります。いろいろ考えたのですが近すぎるのと見下ろされる位置関係に配慮してこの方向には窓を全て付けないことにしました。相手側から見れば室内は暗くなりますが、窓を開けると美しい縦貼の木壁のみで視線を気にする事もない。こちら側も、窓がなければ普段から気を使いすぎることもない。日本の住まいは割と隣地に向けて窓を簡単に取ろうとしますが間取りを考える段階から、特に建て込んだ敷地の場合は視線の交錯に十分注意したいものです。

押し縁で板と板の間を塞ぎますがその押し縁よりも外に水切りが出ているか確認しておきます。

外部に木を貼る場合には乾燥や湿気で動く事を想定して3~5mm程度隙間を開けます。このフリクション吸収の工夫がないと力の逃げ場がなくなって、外壁が盛り上がったり、狂いやすくなったりします。

南側敷地でありながら全ての隣地の窓が近接する条件の中で、視線の交錯を避けながら必要な採光や通風を取る事はなかなかたいへんです。写真は二階北側の寝室の前に設けたテラスを下から撮影したところですが、このテラスの目的のひとつが裏の家の居間の窓との視線交錯を避けることです。
 

化粧吸音石膏ボードの割付けを前提にした天井下地の確認です。天井の構造材を顕した力強い表現も人気がありますが、通常通り天井を貼り仕上げたものも捨てがたい魅力があります。特に天井を、大胆な吹き抜けにし易い二階居間プランが多いせいか、一般的な水平天井はほとんど二階では用いません。空間の面白さを追求すると天井をはじめ垂直方向の要素をより注意深くデザインした方が効果的であることに気付きます。そんな訳で天井の演出は毎度ながら欠かせないのです。

宮ノ丘の家Ⅱ コンクリート打設直前

いよいよ明日に迫ったコンクリート打設。なんとか建物の二階が前面道路まで到達しました。大雪後の気温が+のためになんとか温度調整ナシで打設が見えてきました。

 
写真は温水高圧洗浄機で雪を溶かしているところ。雪国の現場ならではの光景です。
 

道路との高さ関係も想定通り。相変わらず絶景の「宮ノ丘の家Ⅱ」の現場です。

I所長とともに今回も現場を担当してくれるM主任。よろしくお願いいたします。

2014年11月12日水曜日

澄川の家 竣工まであと少し

写真は左官屋さんが仕上げの見本を作っているところです。本来はその地域、その地域の土や砂利そして砂、時には藁なんかを混ぜて味わい深い壁を塗ってくれる左官屋さん。特に北海道は内装に関しては乾式仕上げが主流なので左官屋さんの出番は少ないんです。でもね~やっぱりいいもんです左官の仕事。でも本来は温度に敏感な季節の仕事でもあって冬に向かう現場ではなかなか良い仕上げになりにくいのも事実。しかし300mm断熱の完了した「澄川の家」の室温は暖房ナシで15℃以上もありますから心配はご無用。窓と壁の断熱性が非常に高いので低い室温でも意外に寒さを感じません。実はこのそこそこの室温が左官の仕上がりに大切なんです。室温が上がりすぎると空気は乾燥し周囲の湿気を吸い取ろうとします。少しづつ穏やかに乾燥させたいのに断熱の貧弱な家の場合はどうしても暖房を効かせ気味にせざるを得なくて、その結果左官の仕上がりに致命的なひび割れや縮みを誘発し易くなるのです。温度がそこそこだと湿度もそこそこ実は300mmの超断熱化に取り組んでみて感じたのはインテリアに優しいということ。断熱を新たな視点で見直して家づくりの中心に置くといいことがたくさん見つかります。

親方の木鏝(キゴテ)。船底のようになっていてこの鏝の角度で自由自在に壁の模様を作り出します。もちろん鏝の種類もたくさん。それぞれの鏝でみな表情や味わいが異なり、親方が気持ち良さそうに「こんなのもできる、これも面白い」なんて呟きながら壁を塗っている姿は、いくら見ていても面白くてぜんぜん飽きません。

プラスチックの鏝に持ち替えて静かな表情の壁にしてみたり。

秘密の道具を横に動かしてまた別のパターンを作ったり。

上から押さえて凹凸感のある柄にしてみたり。

まるで雲のようだったり。

より動きのある鏝ムラの躍動感だったり。
 
壁の表情を美しく演出するためには光を壁に平行に当てる事。正面から照らすと影が出来ずにぺたっとなって残念な表情になります。間接照明を上手に使いながら壁の表情を引き出そう。そんな事を考えました。現場も終盤に差し掛かり完成まであと一歩。内覧会も企画していますのでどうぞお楽しみに。「チーム澄川」一同、気合入ってます。(笑)
 
今日はDemi Lovato なんていかが。もうすぐアナ雪のシーズンってことで(笑)

2014年11月10日月曜日

宮の森の家 コンセント位置確認

気密試験が終了するといよいよ電気配線工事。内装と室内側付加断熱を兼ねる下地を室内側にもう一層作り、そこに配線してゆきます。上の写真はそんな特別製の壁構造がよく分る写真。水平に走る下地材の上にオレンジ色の気密ビニールが見え、その上にもう一層下地が組まれ断熱されているのがお分かりいただけると思います。私たちの現場では気密ビニルの内側で電気の配線を行います。こうすることで気密ビニールを破くことなく配線が自由にできるようになります。現在一般的な仕様書では壁の中に配線しておいた線をビニールに穴を空けて取り出しスイッチや器具を取り付けます。穴の開いた部分は再度気密処理となっていますが、別の観点から見ればそもそもせっかく大工さんが苦労して完成させた気密構造を一時的とはいえ破るのは矛盾していると思います。そこで設計の段階から断熱層と配線層は分けて計画することで各工種どうしの衝突をなくし、気分的にも性能的にもより高い水準を目指しています。こうしたディティールの工夫は設計者にしか出来ないことです。特に若い設計者にお願いしたいのは正しい設計思想を図面化することを普段から意識し、仕様書の丸呑みではなく健全に疑う「なぜ?」の精神を大切にしてほしいのです。

ビニールの内側に取り付けるので気密コンセントボックスやシール材は必要ありません。


電気の配線が行われるということは、他の配管も同様ですので貫通部分等々を確認してゆきます。写真はお湯と水の配管。二階のキッチン用です。

こっちは暖房用の配管です。
 
先日の気密試験はまずまずでしたが、気密性能命の武田社長により外部側から気密シールされた窓廻り。これから雪に備えて外壁先行で仕事を進めますので隠蔽部分は再度チェックです。

秋晴れの中快調に工程を消化する「宮の森の家」