自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年5月19日金曜日

南幌を歩く

 
 
先日のブログで「チーム南幌」始動の様子をお伝えしました。今日は敷地の美園4丁目界隈から附近を歩いてみたいと思います。まず敷地の前に広がる「中央公園」。整備の行き届いた大きな公園で、テニスコートや子供と楽しめるサイクルコース。もちろん遊具やベンチも豊富。特にサイクルコースは立体交差・・・滑り台なんて4階建ての大きさだ。これはかなり驚く(笑)こんな公園の前に住めるなんて札幌だとちょっと考えられない。 

こちらが立体交差のサイクリングコース

この大きさが分るだろうか?滑り台といっても高さ2mから滑る、公園によくあるやつとはスケールが違う。これにはマジでびっくりしました。

滑るのが面白くて、面白くて止まらなくなった子達の大きさが分るだろうか?こりゃあ~確かに楽しそうである。(笑)

こちらは隣接する南幌小学校のグランドに泳ぐ鯉のぼり。先生、みなさまごくろうさま!(笑)

グラウンドから見ると中央公園の巨大滑り台はランドマークだ。

こちらは南幌町の雨水マンホール。まち歩きを憶えるとマンホールコレクションにはまります。

こちらが南幌小の正門。もの凄く立派できれいな小学校。

小学校の横からは中央公園に抜けられる。

もちろん北海道の田舎らしくお約束の風景にも事欠かない。「おじちゃーん、もう帰るの?うちの畑も起こしてよ~」なーていう会話が聞こえてきそう。いや・・間違いなく娘の畑を起こしてきた帰りと見た。(笑)

こっちはホームセンター。今頃は畑やお花の苗を売っています。品揃えも豊富。

こちらはオープン予定のショッピングセンターの敷地。

とにかく市街地に起伏がなくて全町バリアフリー(笑)。広々としていても距離的には全ての施設が徒歩15分圏内。突き当たりに見えるのが町役場。

とにかく役場に向う中央通り沿いになんでも揃っています。こちらはまた立派なスポーツセンター。
こっちはプール。まー空いていること(笑)ほとんど泳ぎほーダイ。

こっちはアリーナと格技場。エアロビにバトミントンにヨガ、各種少年団等々賑やかです。
 

実は南幌、月例のフットパスが有名。毎月第三日曜日、朝10時に出発。地元のガイドさんとさまざまなコースを歩きます。これは楽しいよっ!参加費は¥500/人、事前の申し込みは不要なのでぜひ気楽に参加してみては?(笑) 集合場所はふるさと物産館ビューロー前!「えっ?住所?だから中央通りにぜーんぶ面してます(笑)」

こちらもりっぱなA.COOP。なんでも揃ってます。

Aコープの裏が町役場。

札幌にいると市民憲章なんてまともに読んだことなかったけど。あらためて読むとけっこうぐっと来るね~歳取ったせいですね(笑)

役場の裏がまた生涯学習センター

その名も「ぽろろ」

左上の中央公園のある街区(敷地もここ)の右側。中央1丁目~4丁目。そして栄町1丁目の間に今紹介した施設のすべてが揃っている。この他にも、ふるさと物産館ビューローは展望台とバスターミナルを兼ねていて、JRバス、中央バス、夕鉄バスの三社が乗り入れ、札幌、岩見沢、千歳方面に定期便を運行している。
 
当日は札幌から行ったせいか穴場的なカルチャーショックを感じた。確かにものは考えよう・・・次回は南幌町の移住支援等々についてレポートしたいと思います。
 
今日はシェリルクロウとスティング・・これもいいです。