自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2012年7月1日日曜日

ここ最近のこと

 初夏を迎えて気持ちのよい季節になりました。今年はなかなか暖かくならず、そう思っていると急に夏日になったりしてなかなか体調維持が難しい今日この頃です。昨年も触れたのですが一年の中で朝も無理なく目が覚めて、夜も寝苦しくなく熟睡できる時期があります。暖かくは感じても暑くはなく、頭の先から足元まで温度差が最も小さくなるシーズン。この感じを冬場に再現したいと最近特に思うようになりました。エネルギー消費を背景にした「暖かい」ではなく、今の季節のような「寒さのなさ」これが室内環境のお手本ではないでしょうか?今年から既にお家を建てた建て主さんのご協力を得て夏場の内覧会を企画したいと思っています。家庭菜園で採れたお野菜をみんなで料理しながら新しい家の話を肴に一杯なんてみなさんいかがでしょう?(笑)

 思えば緊張感漂うピカピカの内覧会も悪くはありませんが、少し住い手が慣れて、住みこなすコツが分かってきた頃もお話しに深みが出てよいと思うのです。

 ほぼ40年間住宅会社の製品を買うことが日本人の家づくりでしたが、これからは週末に気楽に見に行けるイベントとしてのオープンハウスを考えたら市民にとって身近な暮らしの情報源として愛されるのではないか?そんなことを考えています。


地域の交通安全大会に行って来ました。バトントワリングやチヤリーディングの少年団、地域の高校の吹奏楽部が出演するアトラクションも大人気。毎日を安全に楽しく過すためには自らの所属するコミュニティーとの交流が欠かせません。

畑の野菜は、この時期になると驚くほど毎日大きくなります。

今年もお勧めの中球トマト。あと三週間ほどで食べごろでしょう!クライアントのみなさまはどうぞお楽しみに!(笑)

さて今日の曲は、保育園の息子から高校生のお兄ちゃんまで大人気のハッピーシンセサイザ。
NET環境の発達は流行歌も大きく変えようとしています。
製作環境とその成果を公表できる場があれば、作曲者のEASY POPさんのようなユニットが今後増えることでしょう。歌は肉声もよいですが、ボーカロイドも目新しくて面白いです。

原曲は皆さんよく知っていると思うので、今日はyoutubeの中で見つけた凄腕カッティングギター少女によるカバーでどうぞ!カッコイイです!!