自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2011年9月23日金曜日

告別式

今日は、仲間である建築家の奥さんの告別式でした。
45歳、ほんとうに若すぎると思います。

笑顔の優しい気さくな人でした。
栄養士として、子供たちの健康をまもり得意な料理で美味しさを伝えるのが仕事だった。
私の妻と同じ道北の出身で、家族同士で海にキャンプに行ったりした。

来年高校受験を控えた息子と最愛の夫を残して静かに旅立った。
桜の季節に息子の真新しい制服姿を見ることはとうとう叶わなかった。

それでも病と10年間闘った。しかし負けたわけではないようだった。
なにより彼女は微笑んでいた。

思えば、こうしてブログを書くことも、現場を見に行くのも、根気よく積算を見直すのも
、新たな間取りを考えることも、模型を作ることも、新たなクライアントに出会うことも、
無沙汰を詫びるのも、毎日不平を言うことも、思えば全て夢のようだ。
当たり前の毎日のなんと尊いことだろう。

心よりご冥福をお祈りいたします。

謹んで追悼の曲をささげます。
http://www.youtube.com/watch?v=8fDH9T0DIcM&feature=related

ぶらりと11年後に

現場からの帰り、札幌へ帰る列車を待つ間に昔し設計した居酒屋に寄りました。きれいに使っていただいて、カウンターや床が味わいをましていてびっくり!ほんとうにありがとうございます。

手元の料理が美味しく生えるようにカウンターに埋め込んだ間接照明。今も立派に使われていました。

カウンターは磨きこまれ、何度も塗装されなんともいえない味わいが出ています。実はこの材料はツーバイフォー住宅で使うもので家具用ではありません。しかしそれがかえって穏やかな表情になっています。

当時から、店主のお料理は美味しく、気取らないさりげなさにセンスを感じます。

料理を卓上に置いたときに近くに光源があると美味しそうに見えることを教えていただいたことを思い出しました。

2011年現時のお店。かなり日本酒のコレクションが増えました。



2000年の開店当時のお店の様子。まだカウンターの光り方が鈍いですね~(笑)

2011年現時



2000年開店当時

当時もレゲエが流れていましたっけ。

ぜひよかったら皆さんもお寄りください。お酒とお料理美味しいですよ~。

駅前食堂 中野藩 
旭川市宮下通7丁目 駅前ビルB1F tel 0166-27-3822