自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年8月30日金曜日

西野の家Ⅱ 外構工事

ガーデンジャパンさんによる外構工事が始まった「西野の家Ⅱ」、大好評の札幌軟石と丈夫なユーカリ製枕木で作る外構は「通路」でもあり「庭」でもあり「土留め」でもある優れものです。近年はお母さんもお父さんも忙しいことが多くて、子供の頃よく見たお庭なんて、滅多に作らなくなってしまいました。昔はオンコやツツジを植えた庭があってその向こうに「家」でしたけど、近年はカーポートに玄関アプローチ等々、実用性重視のニーズがほとんど。そこで単なる舗装では味気ないし、手間の掛かる庭木も敬遠されがち...うーん  でっ! ガーデンジャパンさんの登場なのです。
 

時代に合わせた外構(庭)のあり方をいつも考えてくれる、ガーデナーの小坂さんの提案は簡素で気取らず、現代的な建築にもマッチします。

こちらは、軟石と枕木を幾何学的に組み合わせているところ。

こんな風に南側の出入り口と全面道路の間がクライアントさんからいただいた今回のお題!
さて出来上がりが楽しみです。(笑)

社長自ら、タガネとハンマーで石を削り、地面に「景色」を作っていきます。緑が入るとどんな感じなんでしょう??時代が変わっても建築と庭って切り離せないんですよね~。
 
ちなみに昨年の「宮ノ丘」の家は?
 
「西岡の家」も好かったです。(笑)
 
 
今日はSoul Headなんていかが?歌のうまい二人組みって好きなんです。
 
もひとつ今日は初期のDouble 幸子姉さんは残念でした。
 
 
 
 

こんにちは!(笑)

先日、久々にお伺いした「宮ノ丘の家」。
 
二番目のお子さんが生まれたばかり、とってもかわいいのでここにはあえて載せませんが、お母さんほんとうにごくろうさま!すくすく良い子に育ちますように、心よりお祈りしています。
 
そんな訳で今年は家庭菜園は少しお休みかな~?と思っていたら...ぜんぜんそんなことはなく。昨年同様こちらも豊作状態。(笑)
 
やっぱりガーデンジャパンの小坂女史の畑土(通常の花壇用黒土では作物を育てる土としては十分ではないので、家庭菜園をご希望の家は、最初の年からそこそこ野菜が採れるように土に堆肥やピートモスなんかを配合して畑用の土を作っていただいてます。)は絶好調でした。
 
最近は、趣味と実益を兼ねた家庭のFX取引も悪くありませんが、私は家庭菜園のリアルな実益も大好きです。自分で育てる楽しみに加え、人にあげても、料理に使っても、子供たちと一緒に育てるのも良いですし、北海道のBBQシーズンと収穫期が重なるのも嬉しいですよね~(笑)。目の前で採った野菜で作るBBQなんて北海道ならではの醍醐味だと思うんです。そんなわけで、北海道BBQ推進協議会 会員?(実在しない団体です。)の私としては家の間取りの中に出来ることならBBQテラスを付けたいと思うのです。(笑) 少し涼しくなったこれからも屋根のあるBBQテラス、悪くないですよね~。