自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2012年11月5日月曜日

発寒の家 気密測定第一回目

さて、先週の「前田の家」に引き続き今週は「発寒の家」の気密測定です。こちらもU棟梁渾身の仕事で万事抜かりなし!Dr.タギの計測開始です。

結果は実にあっけなく...いえいえけして悪い方にではなく、良いほうにあっけなく0.1cm2/㎡が出ました。流石!武田社長にU棟梁、何もいえません。ほんの最近までは在来工法で高い気密化は構造上難しいと言われてきましたがそんな言葉が色あせて聞こえるほど大工さんや現場管理者の水準は向上しほんとうに感心してしまいます。不思議なもので最初は全員で苦労しながら、時には1時間以上にも渡り漏気部分を探しながら性能を出していたものがいつの間にかそのコツが身体化し、いとも簡単に達成できる様子はなんだか不思議な気持ちになります。(笑)
そう言えば、二年前の「南あいの里の家」では漏気部分がなかなか見つからず苦労しましたっけ?(笑) 「南あいの里の家」気密測定 http://ako-re.blogspot.jp/2010/10/blog-post_30.html


最近暗くなるのが早いですよね~、2階の南側の壁が全てガラス貼りの様子がよく目立ちます。もちろんブラインドを考えているのですが、そこから漏れる暖かな光が素敵な夜景として街並みに参加してほしいと思います。

今日はチャックベリーなんていかが?思いっきりロックンロールで(笑)!

西野の家 Ⅱ ケーシング取付

基礎のベース(底板)のコンクリート打設が終了した「西野の家Ⅱ」です。

各部の仕上がり寸法を埋め戻しの前に撮影しておきます。

次の工程は布基礎の壁部分に当たるコンクリートを打つために型枠を立てるのですが、その前に室内からの排水や引き込む電気の線などを通すケーシング(筒)を固定していきます。もちろん鉄筋を痛めぬように鉄筋のマス目の間に筒を固定するのですがそれが言うは易し...行うは難し。しかし、ふと見ると設備屋さんいいものを使っているではありませんか!(笑)黒いプラスチック製のホルダーで簡単に筒を固定しています。これなら簡単に移動も出来ます。

高さを揃えたり、間隔を合わせたりが簡単に行えます。写真はパッシブ換気の給気口。

左奥に見えるのは基礎断熱のための分厚い断熱材です。

今日はビートルズなんていかがでしょう?