自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2011年6月30日木曜日

ASJ青森イベントを終えて

青森に来たのは修学旅行以来、でも飛行機で30分で着くんですね~(笑)

飛行機も小さくてかわいいサイズです。

それこそあっという間の本州上陸です。

青森の街は想像していたのとは大違いで、並木が美しく海にも面した都会でした。

いったいなんだろう??と思いきや~

実は「青森観光物産館」、内部はお土産物屋さんの屋台が連なり賑やか。

街路樹の植益にツル薔薇?なんだかお洒落でした。

会場の青森県立美術館には、本州の建築家の皆さんたちがほとんどで、北海道からは私を含めて二人のみ。でもそこは同じ建築家同士、最近のプロジェクトのお話やご当地事情で和やかに盛り上がりました。左側が金沢の小笠原さん、右が埼玉の岡平さんです。小笠原さんはビフォアー&アフターのいわゆる匠でもあります。

ホテルから見た市街と港の風景。海に面しながらかなり平野部の多い街の構造は北海道では珍しいなあ~と思いました。函館も小樽も坂が多く山が迫っているでしょう?

雪国なら皆屋根で苦労している様子をホテルの窓から写しました。でもこの屋根作るの難しそうですね~(笑)

こちらは三角屋根の雪が隣の屋根に落ちてしまい、仕方なく雪止めを全面に付けた様子にお見受けいたしました。(笑)そういう隣の家も自分の雪が滑って裏に落ちぬように屋根の真ん中に雪止めを付けながら落雪量を加減している苦労が伝わります。

今回のASJのイベントは二日間、たくさんのご来場をいただきまして誠にありがとうございます。またホストとして準備をしご招待いただきましたASJ関係者の皆さま、㈱阿部重組のスタッフの皆さまにもこの場を借りて御礼申し上げます。