自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2010年5月15日土曜日

西岡の家 庭園工事

本日、西岡の家の庭園工事が完了いたしました。5月晴れの空の下できれいに手入れされた庭木たち、札幌軟石と枕木の土留めや植え枡、素朴でありながら本物の材料のもつ正直さ、時を刻む味わい深さに期待しています。これから初夏を迎え緑溢れる夏にかけてどんな表情を見せてくれるのでしょう?今回一緒にコラボレーションさせていただいた(有)ガーデンジャパンのKさんは、才能豊かな女性ガーデナーです。本人曰く、「若い世代のクライアントさんにもぜひ庭の楽しみをわかってほしい。」とのこと。そのためには普段着で付き合える素適な庭を提案したいのだそうです。確かに庭というと手間が掛かる、お金も掛かる、デザインが難しそう...とかなりネガな印象もよく聞きます。しかし一度その楽しさにはまると、魅力はある意味建築をしのぐかも知れません。建築と異なり、季節季節で異なる表情を楽しめる。完成後も自由にいじる楽しみがある。お花を上手に咲かせると周りの人がほめてくれる。自らの上達の度合いが分かる。さて来年はどうしようかな?と想像する楽しさに事欠かない。等々、私の畑作りと同様、何度でも楽しめます。実のなるものなら食べる楽しみもおまけで付いてくるし。あっそうだ、私もそろそろ苗を植えなくちゃ!(笑)
(有)ガーデンジャパン HP http://www.gardenjapan.co.jp/


きれいに剪定された五葉松(ゴヨウマツ)、足元の土留めは札幌軟石。
軟石は松類が多くても、和風くさくなりすぎず、背景の四角い建物にも合います。

色の濃いものは、まだ湿っている軟石です。乾燥が進むと右端のように灰白色になります。


前庭にはなにが植わるのでしょう?ハーブもよいし毎年の花なら球根類もわるくありません。