2020年9月26日土曜日

南円山の家断熱工事

 

                   

「南円山の家」で初実戦投入したHGGW38-32。普段使い慣れた16~20kgとは段違いに重たく硬い断熱材です。形状安定性が高いので・・ある意味ふにゃふにゃな16kgに比べるとビシッ!と入るんですが・・厚みが50mmまでしかできないのと切断にコツが要ります。でも硬くて厚み5cmでも板のように自立可能・・大工さんは大変ですけど・・ごめん(笑)

柱面から7~8mm浮いてきたところです。

入り方はきれいなのですが、この上にボードを取り付けるのが大変そうです。


2020年9月12日土曜日

南円山の家 玄関ドア

 

「南円山の家」の玄関ドアはオリンピア(新宮商行製)です。

        

外部の表面材はローステッドアッシュで狂い最小。重量ドア用の三次元丁番で調整楽々・・レバーハンドルはHORIのLAR、ロックは同じくHORI製トライデントロック×2、ドアチェックは本体が見えないコンシールドタイプ。

       

断熱性能はU:1.1W/㎡Kで色はオリンピックステインで自由になります。
寸法は980×2180・・もちろん北海道製(笑)  
ドアチェックが扉内に格納されているのでスッキリ納まります。

レバーハンドル&シリンダーはHORI製です。

今日は久しぶりにバンプなんていかが




2020年9月2日水曜日

宮の森の家Ⅱ お引渡し


今日は午後から「宮の森の家Ⅱ」の取説&お引渡しでした。竣工のお祝いにお花を買って伺いました。

各協力業者さんからはそれぞれ取り扱いの説明があり・・・(写真はクリナップさんによる各種キッチン機器の説明の様子)

お花はいつも妻がお花屋さんに頼んでくれるのですが、今回は優しい黄色とピンクで室内が華やかになりました。 
4カ月半現場を取りまとめてくれた丸作吉田建産㈱のN所長、そして吉田社長ごくろうさまでした。
またこの大変なコロナ禍の中で私たちに大切なご自宅を任せていただいた建て主さまに心より御礼申し上げます。おかげさまで最後まで仕事をやり遂げることができました。今日からはご自宅としてみなさまで楽しんで住みこなしていただければ幸いです。(笑)

数カ月の間にすっかりと色変わりした外壁。空はそろそろ秋の色が感じられるようになりましたがこれからさらに味わい深く色変わりするのが楽しみです。

家の中心に吹き抜けを持つ「宮の森の家Ⅱ」ハイサイドライトで拡散された光が降り注ぐLDKです。 
こちらは玄関土間を見返したところ。土間にはペレットストーブを置きました。

吹き抜けの中に設けられた階段です。


吹き抜け南側のハイサイドライト。拡散光が空間全体を明るく照らします。

こちらは二階の洋室。窓はFIX+ドレーキップです。

こちらが玄関土間。LDKと列柱で曖昧に仕切ることで狭さを感じることなく明るさを引き込みます。

右側の玄関収納は床から天井までの大容量。玄関廻りにものが多い北国の暮らしに役立つ間取りです。

もちろん玄関用のルンバを走らせられるように収納扉は10cm以上床から上げてあります。 
私の事務所オリジナルデザインの椅子は旭川家具の老舗、匠工芸製。写真はひじ掛けと脚の接合部分。ビスを使わずウオルナットの楔を打ち込んで止めています。 
玄関土間からLDKをチラリ・・屋内は極力オープンな間取りで明るく開放的に。最近は随分、北海道らしさとしてこうした間取りが市民権を得るようになりました。

寒い玄関だと絶対に不可能な間取り、反対に室内から不要な寒さを除くことができれば寒さを理由に付けられていた扉や間仕切りはもう必要ありません。

そんな風に寒さの解消で不要になった扉や壁をどんどん取って行ったら・・30坪の小さな家でも・・・意外や広いこと、広いこと・・・

厳しい冬を抱える北海道では・・断熱は当初、光熱費の節約のような生活防衛の手段として始まりましたが、現在では間取りにも大きな影響を与えるようになりました。本州に比べるとまだまだ歴史の浅い北海道ですが、少しづつ地域性が形になるような気がして・・地域に生きる設計者としては嬉しく思っています。

今日はハリーコニックJr.かっこいいです!



2020年9月1日火曜日

南円山の家 キッチン打ち合わせ

8/30(日)はクリナップ直需事業部の石川さんと「南円山の家」のキッチンのお打ち合わせでした。

想えばキッチンスペシャリストの石川さんと仕事を始めて早10年・・・その間に信頼性の高い同社の純正部品で作るオーダーキッチンはすっかりクライアントさんに定着。今では、”生/なま”いしかわさんに会うのを楽しみに打ち合わせに来るお客さんも増えました。

そもそもクリナップ株式会社さんのイメージは大きな街のショールームで「クリンレディー」や「SS」といった同社お馴染みのブランドを展開する大手住設メーカーさん。ショールームの爽やか笑顔のお姉さんとキッチンを選ぶ光景はきっとみなさんお馴染みだと思います。

その一方で同社の中にはそうした既製品ではなく、主に一点物を扱う直需事業部というセクションがあり・・そこに所属する石川さんは主に私たち建築家がお客さんという訳なのです。 
例えば、「床の材料とキッチンの面材を合わせたい!」とか「天板のステンレスを特殊な磨き方で仕上げてほしい」とか「コの字のレイアウトって可能?」とか・・・私たち建築家の作る空間にピッタリの製品を・・ある意味、無理難題をものともせず作ってくれる心強い仲間なのです。 
キッチンの基本的なレイアウトや大きさは私とクライアントさんで決めておき、調理器具や水栓、天板やシンクに食洗器等は実際に現物を見ながら、丁寧な説明を交えて決めて行きます。

そうして出来上がるキッチンはもちろん各家のオリジナル。その内、各家のキッチンだけの特集をしてみたいと思います。もちろん石川さん特集になりますね~(笑)
コの字レイアウトが特徴的な「澄川の家」のモデルM.M
吹き抜けから吊り下げた照明とダブル水栓が特徴の「東光の家」モデルH.M
キッチンの横にストーブを置き、6人掛けのテーブルを作り付けにした「北広島の家」モデルA.K
アイランドレイアウトが特徴的な「野幌の家Ⅱ」のモデルY.N ブラックのセラミック天板とタッチセンサー付きダブル水栓が特徴。

今日はJolie Mômeなんていかが






2020年8月31日月曜日

宮の森の家Ⅱ 食卓製作工事

今日は「宮の森の家Ⅱ」の食卓を作りに現場に来ました。

っと言っても天板はいつもお世話になっている「店舗什器製作所」さんで既に加工済み。事前に現場に届いていたので、これに脚を取り付け塗装をします。 

店舗什器製作所HP http://tenpo-kagu.jp/

私・・設計事務所なのですが当然ながら簡単な大工工事も好きでございまして・・ちょっとしたものならお作りする場合もございます。

今回もクリナップさんのキッチンセットに合わせて、極力手軽にシンプルにとご依頼されました。

上の写真は作業前の風景、家具の組み立ては美装の終わった室内で行うことが多いので当然床や壁を傷つけないように養生が欠かせません。ですのでこんな風に工具も毛布の上に・・

必要なものを全てセットし電動ドライバーの予備電池を充電器へ・・さて準備完了! 
まずは、足の裏に床を傷つけぬようにフェルトを貼ります。これはとても大切!このフェルトの有無で床の傷みが全然違います。

特に体重を掛ける椅子やテーブルの脚には必須です。 
こんな感じで脚1本当たり4本のビスで固定します。力任せにいきなりビスを打つのではなくて丁寧にドリルで下穴を開けてから、ビスを8分目まで打ち込み、脚のガタが出ないように本締めします。 
こんな感じで、後々+ドライバーでも、10mmスパナでも脚を取り外せるようにビスを選びます。+ビスだけだと上手にやらないと+溝をナマシ易いので最近はこのタイプのビスを使っています。

下穴を開けてからビス打ちしたので傾くことなくきれいに打てました。 
テーブルは重たいので裏を持って動かします。そこでこんな風に軽く汚れ止めの塗装をします。こうしたひと手間で天板の裏に手垢が付きにくくなります。 
今度はオービタルサンダー(電動研磨機)に紙やすりを付けて、木目方向に丁寧に天板を研ぎます。強く押し付けないで一定の速度で木目に沿って塗装前の表面を滑らかにします。 
WAXはスウェーデン製のBONA。木部の仕上げWAXは今まで色々と使ってきましたが、乾きが早く赤味の強い樺の木目が映えるBONAは最高です。

全面に薄く塗って拭き取り、乾いてから再度サンドペーパーで研ぎ二回目のWAX塗布そして拭き取りしました。WAXは重ね塗りをすると深みが増して最高の仕上がりに、後は住まい手さんにお任せです。

余談ですが、窓枠や建具枠、階段や手摺・・基本的に室内の木造作部分は全てこのBONAで仕上げています。以前は家具屋さん、建具屋さん、建築一般とそれぞれの工種に塗料の選択は任せていましたが、お客さんが自分で補修する際に複数の塗料が必要な事、正しい選択ができるかどうか分からないことから、今では基本的に全てBONAに統一しています。 

こんな感じで出来上がりました。キッチンセットの強めの赤味とピッタリ。普段からキッチンを製作していただくクリナップ直需事業部さんや今回のテーブルを加工していただいた店舗什器製作所さんにしっかり木色の好みを伝えておくことは大切です。 
木目もしっかりWAXで浮き出てきれい。角が痛くないようにテーブルの4辺は全て優しい太鼓面が取られています。 
拡大写真がこんな感じです。

今日は最近はまっているアバロンジャズバンドで!


2020年8月28日金曜日

南円山の家 A型トラス完了!

A型トラスが掛かった「南円山の家」です。空は快晴・・でも今年は本当にヒドイ暑さです。夜まで中々気温が下がりません。そんな中、飛栄建設の宇野棟梁を中心に見事にトラスを組み立てていただきました。

この場をお借りして御礼申し上げます。みなさんごくろうさま!
ところで、北海道って日本の中で最初に西洋化された地域。そんな痕跡は私たちの身の周りのあちこちに見られます。

上の写真はアルテピアッツア美唄。元は木造の小学校でした。 
室内から見上げた小屋組みがまさに洋小屋(トラス)。教室の真ん中に柱を立てることなく、両側の壁に力を流せるトラスは当時盛んに使われました。

さらに身近なところでは、札幌時計台、小樽の石倉倉庫なんかも木造トラスです。

そんな理由でちいさな「南円山の家」にもちょっと洋風な北海道らしさを加えたいと考えました。

こちらはトラスの水平材と斜材の接合部分です。専用の金物を特注すると・・かなり費用対効果がよろしくないので、ホールダウン金物(柱の引き抜き防止金物)とアンカーを組み合わせて代用しました。

一般の現場でもよく使う金物ですから丈夫で安価。もちろん引っ張り強度は試験済みです。その金物を飛栄建設さんのところで黒く塗装して使っています。

足場の上は40℃以上・・大工さんたちには本当に頭が下がります。

こんな風にトラスと一緒に黒く塗った金物が空間にリズムを刻みます。

地元の赤いカラマツ材で作ったトラスに黒い金物が似合います。

今日はアバロン ジャズ バンドなんていかが


2020年8月25日火曜日

南円山の家 A型トラス




ちいさな三角屋根、「南円山の家」の建て方が始まり本日は小屋組みのトラス工事に到達しました。

わずか二間半間口の「南円山の家」。二階は無柱空間とするために小屋組みはシンプルなA型トラスとしてデザインしました。

北海道にはアメリカ経由で洋風建築がもたらされましたが、トラスを用いた小屋組みもその一つです。巨大なものだと小樽などに多い軟石の倉庫の小屋組み。

懐かしい所では木造小学校の体育館の屋根なんかに使われました。

二間半の可愛らしいトラスなので大工さん三人で見る見る組み立てて行きます。仕上げは既成品の建築金物で水平材と斜材を締め上げてトラスを緊張させます。

こんな感じで見る見るキングポスト付のA型トラスで屋根が掛かって行きます。私も水平材が落ちないように少しだけ下からお手伝いさせていただきました。

実はこのトラス、プレカットです。私が図面を描き、構造計算をお願いし、身近に手に入る簡単な構造金物でトラスを組み立てられるように考えました。加工は三津橋産業さんです。

構造計算のお世話になったのは北海道大学名誉教授の平井先生。木構造の大家で北海道建築技術協会の大先輩です。色々と細かな制限の中でご相談に乗っていただきました。この場をお借りして一言御礼申し上げます。

今日はダフトパンク・・オケver.で




2020年8月12日水曜日

南円山の家 基礎工事

基礎の立ち上がり部分の型枠を組み立て中の「南円山の家」です。

敷地は一杯一杯なので、材料を敷地の奥に運ぶのも計画的に行わないと中々上手く行きません。この後はお盆明けから建て方開始ですがその際も計画的に段取り良く進めたいと思います。 
「南円山の家」の基礎断熱はいつものEPSではなく5割程度、高性能なXPS。通常はEPSで160mmの断熱厚さですが、今回は240mm相当の性能をXPS120mmで実現します。

こんな感じで100mmのXPSに20mmを工場で増し張りしています。

基礎の周りにぐるりと足場が建つとほぼほぼ敷地一杯になります。お盆明けには飛栄建設さんと作戦会議の予定。引き続き頑張ります。

暑いですよね~JAZZでも聞いて図面を描こうと思います。