自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2012年10月9日火曜日

発寒の家 断熱下地工事

写真は外貼り断熱の下地。ここに140mmの断熱材が入ります。そして壁の中に105mm、さらに室内側に50mm入れますから全部で約300mmとなります。「発寒の家」ではすべて綿状断熱材であるグラスウールを用いますので、この断熱下地作りがたいへん重要になります。もともと形状の軟らかい綿状断熱材ですからこのマス目の中にピタリと入るように注意して組み立てます。

こちらは耐力面材のOSB合板を貼っているところ。最近の在来工法は主に2×4工法(枠組み壁工法)を手本に発達してきました。柱の外側から貼り付けるこれらの合板が筋交いの役割を果たし、構造を強化すると共に前述のような外貼り断熱材の下地としても機能します。

琴似の中心部に建つ高層マンションの現場が見えます。

秋になるとクラシックが聞きたくなりますね~(笑)今日はパガニーニなんていかがでしょう?

前田の家 木製サッシ工事

現在、外部の断熱を終え、サッシの取り付けに入った「前田の家」、もちろんクライアントさんからのリクエストはトリプルガラスの木製断熱サッシ。性能と価格、耐久性の観点から見ても今のところ費用対効果は抜群。しかし問題はその重さ。大工さん4人がかりで四苦八苦。

ロックナット付きの専用ビスで取り付けますが、なんせ重いので位置決めやセンター出しがたいへんです。「もうちょい左っ!もう少し、あと少し!」外と内に分かれて声をかけながら位置を決めます。

1階でも見ているだけで汗をかきますが、たいへんなのは2階への荷揚げ、下二人に上二人が息を合わせて運び上げます。

国内製のサッシの場合、ガラスは最後に入れるので現場ではあまり重さで苦労はしません。しかしこの北欧製の窓は全てガラス入り。今でこそ大工さんも慣れてくれましたが、当初は「話が違うよ~」と散々でした。なぜこんな重い思いをしなければいけないのか?と疑問に思った時もありましたが、その理由はガラスを工場で入れることで最も大切なサッシの気密性能をばらつきなく確保できるから。という事を知ってからはものの見方が変わりました。確かにDr.タギ氏にいつもお願いする気密測定ではガラスとそれをはめる枠の間から空気が漏れていることが少なくありません。流石!北欧のノウハウです。

現場を訪れたタギ氏。

今日は秋の穏やかな日差しの中でモーツァルトなんていかが?