自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2014年11月3日月曜日

宮の森の家 気密測定 一回目

「澄川の家」の後は「宮の森の家」の気密測定、第一回目。気密が取れているかいないかはどんなに施工に熟練しても必ず現場ごとに測定し確認する事が大切。ではなぜ二回も行うのでしょう?どうせなら最後の1回で終わらせるのが簡単でよいのではないでしょうか?中にはこんな風に感じる人もいることでしょう。もちろん現場の工事というものは建て主さんの大切な予算で進めているのですから一度で済むものを二度行う必要はありません。二度行うのはそれぞれが別の目的を持っているからです。 
減圧機を動かして室内の空気を外に吸い出すと室内に貼った気密ビニールが引っ張られてパンパンに張ります。建物の室内の気圧が外に比べて低い状態(負圧)になると今度は建物のどこかの隙間から外の空気が入ってきます。窓廻りや屋外との貫通部、排水や電気の管の引き込み等々実際に手をかざし時にはサーモグラフィー等も使って漏気部分を探します。第一回目の気密測定をビニールや窓の気密テープが露出した時期に行う理由はこの漏気部分を見つけ処理する事を主な目的としているからです。漏気部分が特定できてもその他の部分が完成していては直すことが難しいのです。

圧が掛かった状態ではじめて窓廻りの気密が取れているかどうかが分ります。

計測中。室内のビニールはどこもぱんぱん。性能が出ている証です。

結果はC値で0.3cm2/㎡。第一回目としてはまずまずです。これから外壁や壁を作るにつれて性能はまだ上がりますので次回が楽しみです。

澄川の家 気密測定二回目

本日は、「澄川の家」の二回目(最終)気密測定です。何度もブログで書いている通り断熱という目的を達成するために欠かせないのが気密という仕事。同時にそれは実際に計測してみるまで分りません。どんなに気密施工に手馴れていても毎回しっかり計る事でした確認できないのが気密。簡単なのに奥が深い世界です。

写真は計測中の様子。今室内の空気を屋外に吸い出しています。

家全体の隙間を表すのが右上の数字。12cm2、要は家全体で3cm×4cmの隙間量。小さな「澄川の家」といえど立派!、M棟梁、M所長、そして現場のみなさん!おめでとうございます。(笑)

M棟梁が手に持っているのが通常仕様の気密試験用の整流筒。上が超気密住宅仕様の小口径の整流筒です。気密を示す指標であるC値が0.5cm2/㎡以下の建物を厳密に測る際に用います。
 
今日は赤平でロケット開発に打ち込む植松社長のお話し。ぐっと来ました。