自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2015年1月31日土曜日

宮ノ丘の家Ⅱ 竣工 お引渡し



昨年から「チーム宮ノ丘Ⅱ」一丸となって取り組んでまいりました「宮ノ丘の家Ⅱ」が無事竣工し、昨日お引渡しとなりました。この場をお借りして現場で働いた全員と建材生産者のみなさん、最後まで現場をまとめていただいた剛建築工房のI所長、M主任、I棟梁、そして貴重な経験とチャンスを与えていただいた建て主さまに心より御礼申し上げます。想えば、建て主さんが私の事務所にご相談に来られたのが2010年。弊社にとって初めての300mm断熱プロジェクトとなった「銭函の家」http://ako-re.blogspot.jp/2009/12/blog-post_30.html の竣工直後でした。「北海道の技術と材料で最高の家を作りたい。」そんな想いに共感いただいてお付き合いが始まりましたが、その後の道のりは紆余曲折・・・・・今日まで5年の歳月を要すこととなりました。ご案内いただいた敷地は札幌の街を一望できる眺望が魅力である反面、傾斜は30°を越え、立っていることも難しい状態。また敷地としての接道義務も不十分等々・・・ 一時は夢で終るかに思えました。しかしこの敷地の良さに惚れ込んだ建て主さんは地道な努力で接道義務を解決しついに計画を軌道に乗せます。宅造法の規制をもろに受ける事、建物の構造と土留擁壁を一体で兼ねる事、接道側から見ると単なる木造二階建てでも斜面側から見ると4階建て以上の高さとなること、混構造を前提とした構造計算が避けられないこと、複雑な高さ制限、等々・・・設計の立場からすると法務整理のオンパレードでしたが無事なんとか終えることができました。 今は充実感で一杯ですが来週からまた頑張らなくっちゃね!(笑)


下から見上げると凄い傾斜に驚く事に。実はこの下に更に基礎がもう1階分埋まっています。
 
北側の穏やかな光で満たされた昼間の室内。
 
キッチンセットは旭川家具の名店、匠工芸さん。材質はナラ材。
 
3mオーバーのキッチンステン天板。製作は㈱クリナップの直需事業部。
 
和室の障子はカバ材
 
建具は網代貼としました。 
 

ストーブに火が入る夕方はこの家にとって一番よい時間帯。

キッチンが札幌の夜景に正対するレイアウトとしました。

階段を登りながら振り返ると札幌の夜景が一望できます。

夜はこんな感じです。

薪ストーブは小型にもかかわらず壁に近接して設置可能な優れもの。デンマーク製です。

左側の壁は木レンガによる立体的な表情が面白くて採用しました。
 
さて今日は素敵なJAZZナンバーをお贈りいたします。絶対夜景に合うと思います。(笑)
こころより竣工おめでとうございます。