2020年4月2日木曜日

宮の森の家Ⅱ 基礎高さの決定

本日は基礎高さの決定のために「宮の森の家Ⅱ」の現場へ・・・

現地では既に遣り方(建設に用いる仮設の定規)が出され、前面道路との高低差からどの程度の高さに基礎高さを決定するのが車路の勾配を考えた上で妥当なのかを打ち合わせできるよう準備万端。

写真は現場を担当する、丸作吉田建産の吉田専務のCADによるスケッチ。10cm刻みに細かく高さが示され現場で、高ささえ決めれば即座に勾配がイメージできるように配慮されている。

こういうところさすが! 人によっては漠然と「どこを基準にしますかあ~?」なーんていう大らかな現場監督さんも居ますけど(笑)・・しっかり図面を作ってきて今の状態だとこの勾配、でもあと10cm基礎を上げるとこのくらい等々・・質問が具体的で分かり易い。

想像してみれば簡単なことですけど基礎のコンクリートが固まってから・・もう少し低かった方が階段上がり易かったですよね~?なーんて・・間違っても直せません。(笑)

地盤の上に建てるということは地球相手にこちらが現状に合わせないといけないわけで・・そうした理由でこの地味な打ち合わせは重要なんです。

現地には角度を測るトランシットとレベルが準備されていて・・


ピシッと張られた水糸に定規を当てて、隣地との離れ(水平距離)や振れ(隣地境界線に対して平行か否か?)を見て行きます。

高さと同様・・「山本さーんあと15cm西側に動かしたらよかったね?」なーんて後から不可能ですのでしっかり各寸法を確認しておきます。(笑)
帰りはおなじみの材料屋さんを訪問。「山本さん・・少しなんですけどキレイなモミの木の羽目板があるんですけどご覧になります~?」と担当者・・「もちろんですよ!」と私・・「じゃあ二~三枚出してみましょう、いかがです?」、「うーん色味も木目もきれいねえ~」と私。

「今進行中の現場で使えるかどうか建て主さんに提案してみますね。」と伝えてまずはお取り置き。 意外にも北海道は広葉樹の大きな市場があって域内では地元産や外国産の銘木の流通量が多くて安価。お馴染みの白樺や真カバ、目白樺、ナラ材にニレ材、そしてカエデ材・・北海道の建て主さんって幸せですよね~(笑)

ふとFMから聞こえてきたm-flo 昔の曲だけどいいですよね~



2020年4月1日水曜日

常盤の家 基礎工事完了

本日は学校が休みの一級見習い建築士さんと現場監理。「建築士さんところで設計図通りですか?」 排水、幹線引き込み、給水栓立ち上げ、その他各ケーシング、パッシブ換気の給気管等々・・もう一回全部点検よろしくです。(笑)

「アンカーのピッチは?埋め戻しのレベル設定は指示通り?来週から大工さん呼んでも大丈夫?(笑)」

おいおい土間は今日打ちたてだから・・まだ上がっちゃあだめよ乾いてないから(笑)

次はホールダウンアンカー見てよ~曲がってない?ネジにトロ(モルタル)飛ばしてない?一応全数見てみてね?(笑)ヨロシク~・・

埋設CD管は?ちやんと3本入ってますか?

周りに砂利しっかり敷き込んで均してあるから現場も乾いてきれい。「常盤の家」は敷地が広いので資材の置き場にも困らない。カラマツ材は雨にあてるとすぐに黒ずんじゃうからしっかり雨養生して置き場所を確保しよう。顕わしの仕事は養生第一!気をつけよう。クレーンを使って奥から一気に建て方を進めよう。きっと骨組みがきれいだと思う。週明けから大工さんたちが来てくれるから。

今日はBOOM BOOM SATELLITES  なんていかが・・うーんカッコイイ!




2020年3月28日土曜日

常盤の家 基礎脱型工事

常盤の家は基礎工事の脱型(コンクリート型枠を外す事)が完了した状態。後は土間コンクリートを1回打ってコンクリート工事は終了となります。

こちらは基礎パッキンを挟む予定の基礎の天端。凄くきれいで滑らかなのはセルフレベラーセメントのおかげ。この水平精度がしっかり出ていないと土台の下の気密が取れない。なので凄く大切なところです。

こちらはパッシブ換気の床下導入管。コンクリートのノロが回って穴が塞がらないようにしっかり養生済み。

埋め戻し前のベースを確認。建物内に引き込みを行う場合は基本、電気や電話、その他通信線、ガスも地中埋設にて行っています。

設備屋さんの材料が入ってきました。排水管や電力、通信線のために必要なCD管も地中にセットした後、埋め戻しを行います。

お隣の家がほぼ完成した様子。当方の現場は4月の頭に大工さんが乗り込み建て方開始の予定です。コロナウイルスに気を付けつつも一気に賑やかになりそうです。

今日はルカサーの歌でも聞きませんか


2020年3月22日日曜日

宮の森の家Ⅱ 地鎮祭

本日は「宮の森の家Ⅱ」の地鎮祭でした。ここ一月ほどで雪も随分融けましたが、敷地内にはまだまだ雪があります。宮司さんは西野神社さんから。朗々と響くよい声で祝詞を上げていただきました。

「宮の森の家Ⅱ」をご担当いただくのは初めてご一緒させていただく丸作吉田建産株式会社さんです。

専務の吉田さんは設計畑出身ということもあり、自社工法の改良や工夫に凄く積極的。お見積りの最中も様々な刺激を頂きました。そろそろ300mm断熱も10年の節目。大胆なリニューアルを思い描いています。

現場所長のNさんは本日の写真を担当。少し春の土の匂いを感じながらもうすぐ現場がスタートします。

今日はレミオロメン・・この季節になると聞いちゃうんですよね(笑)




2020年3月21日土曜日

常盤の家 型枠工事

本日の「常盤の家」の現場です。現場では基礎の型枠工事が進行中です。
写真は排水管を後ほど通すケーシングを忘れていないか確認しています。

「常盤の家」を担当していただくのは飛栄建設さん。昨年は「野幌の家Ⅱ」と「新琴似の家Ⅱ」をご担当いただきました。多くの工務店さんが大工さんを現場毎に外注することが多い中、飛栄さんの大工さんは社員さん。ですから私の現場に来てくれる大工さんはみなさん顔馴染みの人ばかりです。

そこでは過去の現場の改良点や様々な提案を頂く訳でそれを基に図面を毎回改良することができます。そんなことに無頓着だった昔は、毎回異なる外注大工さんに、現場毎に同じ話を繰り返すばかりで、中々成長が感じられないと悩んだ時期もありました。

現社長の松田さんはキャスティングを考えてそこを上手く調整してくれます。良い建物を作るためには設計者の精進はもちろんのこと、精一杯打ち込める環境が欠かせません。

話しは変わりますが「常盤の家」の住まい手さんは、飛栄建設さんの現場をお見せしたことがきっかけで指名を頂きました。

不思議なことですが・・素人と言っても、自らが家づくりをする立場になると自然に心の目が開いて今まで見過ごしていた他の現場が気になるようになったりします。そこで私の事務所では工事中の現場に図面をやり取りしている作り手さんをよくお連れします。

実はどんなことが大切なのか?良い仕事と並みの仕事はどこが違うのか?そんな話をしながら現場を回ると見る見る目利きになります。

基礎断熱は160mmのEPSです。非常に丈夫で紫外線にも強く費用対効果も高いボード状断熱材です。山本設計の定番になりました。

こちらは基礎断熱とそれ以外の部分の取り合いです。指定の厚みで断熱材がしっかり使われているかどうか確認して行きます。

今日はQueenなんていかがだろう




2020年3月16日月曜日

北方型住宅2020



「北方型住宅2020」北海道の住宅の新たなスタンダードが登場!

詳しくは下記のリンクから
https://kita-smile.jp/north2020?utm_source=Facebook&utm_medium=CPC&utm_campaign=hoppou2020&fbclid=IwAR0hCrqRKdsymvUt8k5dQShWd9dW7Bv1O_Dx3jnXCVwoj3d-G5Skc8p5Mic

2020年3月12日木曜日

常盤の家は北方型住宅2020!


パリ協定による温暖化ガス削減目標やSDGsに見られる地球環境の保全と持続可能な社会を目指して北海道が定めるあらたな住まいのスタンダード「北方型住宅2020」

「常盤の家」は北方型住宅2020の基準クリアをスタートにしました。今回はBELSもちょっぴり頑張って一次エネ削減率も4割超え・・さらに頑張ろう!(笑)

「北方型住宅2020」の仕様を簡単に説明すると、国の長期優良住宅に下記の8項目を加えた内容です。

1:外皮性能 UA:0.34W/㎡K以下。要は1.2地域のG1同等
2:耐震等級 等級2以上 通常より耐震性を25%UP
3:BEI   等級5以上 BEI:0.8以下   
4:C値   1.0㎠/㎡以下 
5:履歴保管 設計図等は専用クラウド(きた住まいるSS)に保管
6:性能の見える化 ラベリングシートを発行
7:設計者  建築士資格の他にいわゆる断熱専門資格BIS
8:高齢者対策 等級3 なんで長期優良の項目にないの?(笑)

つまり国内最強の内容となっています。北海道の住まい手さんは幸せだと思います。
疑い深い人は上記の内容を有名ハウスメーカーの仕様とぜひ比べてみて下さい。(笑)

北方型住宅2020とは? https://www.kita-smile.jp/portal/blog/kentiku/2019/files/200304_2020tirasi.pdf?fbclid=IwAR15z_bP7CSYYAF0sY_cNjTsQEaJ6SRR2VXYR09dcr2ggNNDcVZ7qsMzqNo

ピチカート5っていかがでしょう?おしゃれ(笑)

常盤の家 鉄筋工事

常盤の家の基礎配筋がほぼ組み上がり検査に行ってきました。

地盤の冷たさを拾って床下の土間コンクリートが結露を生じないように一旦水平に防水し断熱します。

鉄筋の間隔は20cmを越えないこと。あちこちにメジャーを当てて写真を撮ります。

床下を安全な室内空間として使うためにはメンテナンスが可能な天井高が必要です。また全ての床組みを見上げて目視点検が可能なように人通口の位置と設計に注意を払います。

床下という一般的には中々目の届きにくい場所を普段の暮らしを通して自然に維持管理してもらうためには中に人が入れる寸法で設計することや照明を設置する事、そしてそこを定期的に使う動機を作ることだと思います。もちろん温熱計画的に充分安全側に設計することも重要なのですが、住まい手さんが極力簡単に使えて、たとえ少々使い方が良くなかったとしても深刻な状態に陥ることの少ない設計がとても大切なことをここ10年くらいは特に意識するようになりました。

平たく言えば・・従来の断熱気密住宅はその良さを充分引き出して暮らそうとすると、日本人にとってはかなり馴染み難い住まい方を憶え慣れねばなりませんでした。もちろんそれが、寒かった今までの家と違うのだ!ということがセールスポイントになった時代もありましたが、今では極力そうした特別な約束事や住まい方のコツ?を住まい手に押し付けることなく、一年を通して気持ちよく過ごせる住まいを目指しています。

なにも高性能好き住宅マニアでなくとも(笑)・・すぐに住みこなせること、断熱気密住宅にとって本来ならNGとなる・・使わない部屋の暖房を切って回っても、安全な温湿度を知らないうちに維持できること。換気も必要な時期に必要な量が自然に供給され、主に夏場の窓開けだけで年間換気量をほぼ満足できるようにすること・・住まい方は少しでも易しいものにしたいと思います。

ふと見ればお隣りの家がもうすぐ竣工の様子。見慣れた北海道の住宅街にちょっぴり違う風景を作りたいと思います。

きょうはキリンジなんていかがでしょう・・