自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2018年1月18日木曜日

南幌まちなかの家 配筋検査

本日は配筋検査。地下水位が高いので基礎下に防湿ビニールを連続させ。その上に基礎を作ります。

工事看板
 
 

雪除けの上屋の中には冬用の設備を格納します。

今日の検査員は江別市から。縦筋と横筋の間隔は20cm。通常は30cm以内ですが、長期優良住宅なので鉄筋量を増し、上端筋と下端筋はD-13×2本として設計しました。

上屋の中は明るく作業が楽ですが、コンクリートの採暖養生のために石油ストーブを4台使います。

無事に検査は合格。サインをするF所長です。

2018年1月16日火曜日

発寒の家Ⅱ 外張り断熱工事

外壁に断熱サッシを取り付け、枠廻りの気密処理が完了すると、いよいよ外張り断熱の工程に入ります。使用する断熱材はフェノールフォーム。一般にはネオマフォームの商品名で知られる高性能なボード状断熱材です。北海道で広く使われるようになったのは2002年頃から。一般的なグラスウールの倍の断熱性能があるので、壁の厚みを抑えて性能を出さねばならぬ場合に重宝されています。2002年当時は50mm厚が最高でしたが、現在では100mmをよく使います。もちろんこの「発寒の家Ⅱ」も300mm断熱(GW換算で)として設計しましたから、壁内にはグラスウールを105mm、そして柱の外にはこのフェノールフォーム100mmを張って同等の性能を狙います。 
 
この外張り断熱工法は、北海道で一般的な充填断熱工法とは異なり、昭和50年代から続くもう一つの断熱工法の潮流です。古くは故長谷川寿夫先生を中心とした北方圏住宅研究会や外張り工法を推進する工務店のグループ、一社)北海道建築技術協会も専門の研究会を設けてその研究が進められました。
一社)北海道建築技術協会 外断熱建築研究会 http://hobea.or.jp/sotodan/
 
当時と最も異なるのは、外張り断熱材の性能向上ばかりではなく、上の写真に見えるビニールによる気密&防湿層の連続性。またそれを容易にする柱外の耐力面材(構造用合板等)の普及です。高い気密性を出すことが容易になることで外張り断熱自体の完成度は非常に高くなりましたし、室内側から1:構造ライン、2:気密&防湿ライン、3:断熱ライン、4:通気仕上ライン、この4つを平行に一筆書きすることで様々な建物の断面形状に簡単に対応することも出来ます。設計者にとって建物の部位により気密シートの位置や基本となる断熱構造がいちいち変わらないのも非常に楽で安心感があります。「発寒の家Ⅱ」でも気密&防湿ラインは屋根も壁も耐力面材の外。明解です。

外張り断熱を推進する工務店グループ「ソトダン21」の会員であるアクト工房さんのディテールはよく考えられたもの。あえて窓の外枠と断熱材の間に10mmの隙間を開けそこをウレタンの充填スペースとしています。

こちらは隙間にウレタンを充填したところ。最終的に丁寧にカットして納めて行きます。

専用のブチルテープにより断熱材の継ぎ目をテーピングしています。

こちらは仮止め用の釘。長さは120mmとかなり長い。最終的には専用の長さ165mmにも及ぶ断熱パネルビスを用いて固定します。
 
今日はNatalie Imbrugliaなんていかが

2018年1月13日土曜日

南幌まちなかの家 根堀工事

本日、朝からかかって15:00過ぎには「南幌まちなかの家」根掘り完了!すぐさま砕石を敷き転圧後、ブルーシートで養生を行いました。
来週、16日(火)には防雪上屋を掛ける予定ですが、それまでの天候が心配です。

 
 
 
本日の外気温は-6℃。一日中、真冬日でした。
 
 
こちらは根掘り底のシート養生の様子。

杭頭処理した丸太の頭を使ってシート押さえとしました。

3時を過ぎるとどんどん夕闇が迫ります。
 
太陽はほとんど水平にまで傾き、長い影ができます。写真は電気用のCD管の地中埋設部分。断熱欠損してしまうので、建物の外壁で受電するのを避けます。

やっとアシスト&山本組の現場にも仮設トイレが設置されました。

仮設電柱と看板のセットで完了!週明けから配筋開始です。

こちらは敷地前面に広がる中央公園に沈んでゆく夕日。


南幌の現場は晴れてたんですが、高速道路上は不穏な景色が・・・大雪だいじょうぶかなあ~
 
今日は天気がよくなることを願ってMISIAなんていかが
 


発寒の家 現場再開

今週から再開した、「発寒の家Ⅱ」の現場。断熱サッシが入り、付加断熱の厚みで外壁がサッシより外側に出ますから、額縁を取り付けています。

付加断熱はフェノールフォームの100mm。性能の高いボード状断熱材を用いて、普段多いGW仕様の300mm断熱より約9cm壁を薄く作りながら性能は同等とします。北海道はどちらかと言えば安価なグラスウールの充填断熱が主流ですが、こうしたスマートな外張り断熱の現場も私は大好きです。(笑)

外張り断熱材の熱抵抗が躯体に充填されるGWの約二倍と充分高いので気密を受け持つビニールは柱外の耐力面材の外側に貼ってしまってかまいません。もちろん下地のあるところに貼るのですから作業もより簡単で合理的です。

こちらは外張りされた屋根のGWを下から眺めているところ。屋根は充分な厚みが取り易いので通常通り全てグラスウールによる外張り断熱となります。
 
 

2018年1月1日月曜日

2018新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2017年12月28日木曜日

2017年 御礼

 
2017年は例年にも増して、たくさんのお仕事をいただいた年になりました。
 
その中で全ての住宅を300mm断熱としてご指名いただき、こと私の事務所に限って言えば、最近は特別な住いという感覚はほとんどなくなりました。協力各社のみなさんのおかげで難しかったローコスト化の研究も進み、家づくり中心世帯と呼ばれる30~40代の方々の所得で充分実現可能な仕様もほぼ見えてきました。想えば来年2018年で「300mm断熱プロジェクト」も10周年を迎えます。既に25棟目と26棟目が着工し、来年は記念すべき30棟目が着工予定です。今までプロジェクトに積極的に参加してくれた多くの工務店のみなさん、協力各社の皆さん、そしてご指名をいただいたクライアントのみなさまに心より感謝申し上げます。来年は、「新琴似の家」、「釧路の家」、「旭川の家」を一緒に作りましょう!(笑)
 
オーストリアへ赴き環境先進国のリアルを体験した年でもありました。先進国の地方の共通の悩みとして少子化や人口流失、高齢化は日本と同じ、その中でいかにして地域を守りそれに資する建築を考えるのか?という姿勢に深く共感した一年でした。
 
北海道と南幌町さまからご相談をいただき、私の所属するJIA(公社/日本建築家協会)北海道支部の仲間たちと南幌町のまちづくりのお手伝いをする機会をいただいた年でした。長らく、疎遠と言われていた地域工務店と建築家の協働によるモデルタウンが来年の5月には完成します。その節にはぜひ足をお運び下さい。
 
みどり野きた住いるヴィレッジHP http://www.kita-smile.jp/kitasmilevillage
 
困難な断熱リフォームに取り組んだ一年でした。もの凄く勉強になるとともに、竣工初期の性能確保と確実な施工の大切さをあらためて思い知った年でした。貴重な学びの機会をいただいたクライアントさまには心より御礼を申し上げます。ぜひ十勝の冬を楽しんでください。
 
今年一年、ほんとうにありがとうございます。また来期もどうぞよろしくお願いいたします。
 
山本設計は12/30(土)~1/8(月)まで冬季休暇とさせていただきます。
それではみなさまよいお年を!
 
今年の締めはバッハの管弦楽組曲第三番なんていかが
 

2017年12月27日水曜日

野幌の家 お引渡し

昨日は「野幌の家」のお引渡しが無事完了。年末がどんどん近付き、一時は間に合わないのでは?との不安もよぎりましたが、なんとか完成にまでこぎ着けることができました。この場をお借りしまして、ぎりぎりまで現場で頑張ったみなさまと貴重な仕事の機会を与えていただきましたクライアントさまに心より御礼申し上げます。今年から冬を楽しんでください。(笑)

やっと写真が撮れたのがお引渡し前日。外はもの凄い冬の嵐、爆弾低気圧が北海道を直撃し全道各地は大雪と吹雪で大荒れ。しかし建物の中は平和そのもの、外の光景が嘘みたいでした。
                               
外は猛吹雪で-8℃。風の強い地域で知られる野幌は特に雪が水平に降る感じです。

窓の外はたいへんな寒さなのに室内はいたって平和。内外の温度差は約30℃もあります。


強烈な西風から建物を守る袖壁の間に開けられた大開口。普段は穏やかな雰囲気の住宅街ですが、吹雪くと窓の外は別世界です。
                                
札幌に帰る高速道路の上では、降雪マーカーが点灯し50km制限。無事に帰りつけて今ブログを書いています。
 
今日は星野源なんていかが


2017年12月23日土曜日

野幌の家 床の再塗装

美しく唐松の外装が貼り上がった「野幌の家」しかし室内では問題が発生。
 
カバ材の床が上手く仕上がらない。上の写真はその様子。部分的に逆目が多く、そこにオイルが入らないからけば立ってしまっている様子。遠目から見ると床がホコリだらけで誠に冴えない印象。トホホ・・・ 
こちらがその拡大写真。白く見えるのはフローリングの逆目。板それぞれでオイルの染み込み具合が異なりムラも目立って誠に残念。そこで協議の結果、床を全てサンドペーパーで研ぎ直し、再度オイルで塗装しようということになりました。
 
          
床をきれいにサンドペーパーで研ぎ直し、松田所長自ら床を塗装していただきました。その結果が下の写真。白い逆目の下に隠れていたのはなんとも美しい杢目の数々・・・しばし見とれてしまいました。                                
一枚一枚に深い表情があってその光り方が気持ちいい。

こちらは拡大したところですが、無垢のフロアでしか出せない表情に萌えます。やっぱり木の床っていいですよね(笑)