自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年7月25日火曜日

西野まちなかの家 防湿シート工事

建て方と同時に防湿シートを止めて行きます。このやり方は二通りあって、梁を建て込むときに桁との間に挟み込みながら行う、いわゆる先張り方式(シートを外周廻りの構造材で挟み込みながら建て方も行うのが特徴)と、この現場のような後張り方式(建て方と同時並行はしても構造材で挟まないのが特徴)です。

効率よく安全に建て方を進めるために必用な、足場確保の観点から45cm間隔に根太を梁の天端と揃えて落とし込む方法で床を作っていることは前回の記事で書きましたが、こと外周部分に関して言えば、細かく根太材を入れると当然ながら細かく防湿シートも傷つけることになります。そこで中間桁の横腹に根太受けを打ち付けてシートを圧着しつつ根太もがっちり受けるように工夫しています。後張り工法の場合はこの部分の監理が特に大切になります。
 
根太受け材(45×105)が厚手のビニールシートを挟みつけながら根太を受けています。
 
 
根太受けがないとこんな風に45cm間隔に根太を受ける孔をシートに空けねばならなくなります。

10年以上前はこんな風に90cm角の桝目を作ってその上に24mmの厚物合板を貼っていましたが、足場も悪いばかりか、90cm間隔では合板の中央が下がるケースもありました。そこで今では根太材を落とし込んで極力、長辺方向:90cm、短辺方向45cmの桝目となるように改良した床組みとしています。

こちらは特注の高強度集成梁、E150-F435。ラミナ材はシベリア産のダフリカカラマツ。生産は下川町です。

端部は同じ梁成の桁で受けて羽子板は二丁引きとします。  

根太が釘で固定されると次は2階床の厚物合板敷きです。

こんな風に柱の立つところは合板を欠きむ加工をしてくれます。合板でビニールを挟み付けて釘で固定します。ビニールの下にホゾ穴が見えますよね?そこに管柱が立つことで柱でもビニールを挟みます。

こちらは角の通し柱。105×150のものを使っています。

こちらは製造元がフィンランド。構造材を集成材とすることが多い北海道ではさまざまな国の木材を使います。ちなみに土台は宮崎県、柱はルーマニアとフィンランド、梁はフィンランドと下川町でした。
 
夏のMonday Michiruもいいですよね~(笑)

西野まちなかの家 建て方開始

いよいよ始まりました「西野まちなかの家」の建て方。土台を敷いて大引を掛けて、根太を落とし込んで行きます。骨組みの段階でも大工さんの足場が取り易いようにデザインします。もちろん完成した時には骨組みは見えなくなってしまいますが作る途中の安心感や安全性は仕事を楽に早めてくれます。写真は1階の床ですが同じ要領で2階の床(高所)を作り、さらに屋根では組み上げた美しい骨組みを見上げることが出来るように作ります。住まう人にも現場で働く人にも役に立つ設計でありたいと思いながら図面を描いています。

ボルト頭が土台とフラットになるナットを使って壁に充填する断熱材との間に隙間ができないようにします。

天気に恵まれて床下のコンクリートはしっかり乾いています。

床下の高さは約80cm。照明や換気、パッシブ換気の熱源等を設けて室内として使うことが出来ます。要は1階と同じ面積で天井高80cmの大きなトランクルームが床下に付いてくる。基礎断熱っていいですよね~(笑)

同じJIS規格の構造材でも、土台は宮崎県から

柱はなんとルーマニアから。ここらへんは複雑ですよね。少しづつ地元の山の木を使って建築が作られるような健全な資本主義に変わってゆくとよいですよね。やはり本来なら西野に建つ家は西野産の木材で作れるといいな~(笑)。

しっかり足場の掛かった「西野まちなかの家」の現場。
 
今日はボサノバなんていかが

2017年7月16日日曜日

西野まちなかの家 脱型工事


7/15(土)は外気温35℃の中、脱型工事(コンクリートの型枠を取り外すこと)でした。今年はもの凄く暑い・・しかもまだ7月の中旬だというのに。型枠屋さん、まめに給水を取って倒れませんように。来週からはいよいよ建て方です。

こちらは玄関前のポーチ。型枠を外した後埋め戻して土間コンクリートを打ち込みます。

こちらは暖房給湯器の配管が床下に落としやすいように床のスラブ(床版)を開口したところ。

コンクリートの側圧で型枠が開いてしまわぬように内側と外側の枠をがっちりつなげ、アンカーボルトもコンクリートに流されぬようにそのつなぎの中心に孔をあけてセット。なおかつボルトの頭にコンクリートのトロが飛んでナットが締まらなくならぬように、全てのアンカーに養生の緑のテープが撒いてあります。

毎度ながら、丁寧な仕事。

ほらね、コンクリートを流し込む時にこんな風にボルトの頭にかかっちゃいます。もちろんコンクリートはどんどん固まり始めるんでいちいち拭いていたんじゃ間に合いません。そこで予めこんな風にボルトの頭にトロが飛んでもよいように一本一本全てボルトの頭を養生テープで包んでおきます。
 
今日はパガニーニ・・いいですわ(笑)
 

2017年7月15日土曜日

澄川の家 夏の様子

video
夏場は機械換気をONにして床下に給気します。
夏場に機械換気を使わないと、ご覧の通り内外温度差が均衡してパッシブ換気の給気口からは外気が入ってきません。今頃の季節は機械換気をしっかり使ってください。

夏場、二階にある居間の大窓は大きな熱源になるので外付けブラインドで積極的に日射遮蔽を行います。大窓のある間取りは気持ちの良い反面、日射遮蔽のコストが割高になりがちです。


今日も屋外はもの凄く暑くて33℃以上ありますが、二階の窓際の日射の当たらないところで31℃です。
こちらは床下ですが概ね27℃くらいです。

床下は外気を入れている状態です。

床下には2階の機械換気に引っ張られて約1.1m/秒、毎時140m3(70m3/時間×2管)。アースチューブにより地熱で約26℃にまで冷却された外気が入ってきます。この条件の露点は約20℃ですが外気により床下もほぼ同じ温度にまで暖められますので結露の心配はありません。
 
今日は宇多田ヒカルなんていかが
 

2017年7月7日金曜日

畑の季節

ふと気付けば夏・・畑の季節です。写真は青々と茂ったバジル。サラダにしたりトマトと一緒にパスタに使ったり、オリーブ油に混ぜてバジルオイルを作ったり、ドレッシングはお子さんに大人気でした。今年もたくさん作ろうと思います。

こちらはローズマリー。ラム肉の臭みを消したり、ジャガイモと一緒に炒めたり、こちらも色々使えるハーブです。

こちらはサニーレタス。毎日伸びますから1ヶ月は毎日新鮮なサラダが食べられます。4人家族なら苗を3~4本植えておくと今の時期ならレタスを買う必要がありません。

こちらはパセリ。飾りだけではなくサラダに混ぜると独特の苦味が味を引き立てます。スープを取る際には一緒にたくさん茹でるとスープが澄んですっきりとした味に仕上がります。

こちらはきゅうり、大好きな夏すずみです。一日でどんどん大きくなります。

こちらはルッコラ。香ばしい味のイタリア原産の油菜です。こちらも伸びた葉を摘んでサラダにしていただきます。

これは・・おっと失礼・・・(笑)
 
今日は久石譲のピアノ・・扇風機に当たりながら。


西野まちなかの家 基礎配筋検査

本日は暑いですね~現場に居るとくらくらしてきます。熱中症に注意ですね。本日は「西野まちなかの家」の配筋検査に来ています。
 
見るところはまず鉄筋の縦横の間隔。私の事務所では一般的な縦横30cm間隔ではなくて20cm
として鉄筋量を増やしています。 鉄筋は13Dと10Dを使いますから重ね継ぎ手の定着長さを10Dなら40倍で40cm、13Dなら同じく52cmと鉄筋のマス目を読むだけで監理が手早く済むように工夫しています。

次にスリーブ(貫通する管)を見て行きます。

コンクリートの壁に排水や給水、換気のための孔を空けることは必要な反面、壁の強度を低下させる恐れがあります。そこで開口補強と呼ばれる、孔の周りの鉄筋量を増やしてひび割れを防ぐ工夫をコンクリート施工前にしておきます。

たとえば100φ以下なら補強ナシでもできますが、丁寧な基礎屋さんは管の口径を問わず全ての貫通部分に開口補強を入れてくれました。


こちらは基礎断熱に用いるEPSと呼ばれる断熱材。通常は厚さ16cmのものを使います。

こちらは止水板です。

見え難いので拡大しました。住宅の基礎は断面がアルファベットのTの字を逆さまにしたような形をしています。作る際は水平の基礎底版と垂直の立ち上がり部分の二回に分けてコンクリートを施工します。その際継ぎ目から水が室内側に浸入しないように底版に半分埋め立ち上がり部分とコンクリート内部でつながるように上の写真のような止水板を施工しておきます。こんな工夫一つで基礎の内部(床下)に水の浸入を防げますから床下を全部使うことが可能となります。
 
今日は・・Ed Sheeranなんていかが
 

2017年7月4日火曜日

西野まちなかの家 根掘り工事

泣き出しそうな空の下「西野まちなかの家」の基礎工事が始まりました。建て替えでかなり庭があったので、表土は黒土そこから下は石混じりの硬い粘土という地盤。基礎下の砕石層を連続させて水が抜けやすいようにします。基礎断熱にして床下を室内として使う予定なので水の侵入には特に注意して工事を進めます。

石混じりの硬い粘土層を掘っています。その後に重機の横に見える砕石を敷きこんでよく転圧して均します。西野地区は全般的に地盤が良い敷地が多いので基礎工事は割りと楽。でも雨が降ってくる前に砕石を入れ終えたいよね?親方。(笑)
 
今日はB.B.Kingなんていかが
 

2017年7月2日日曜日

夏場のパッシブ換気の使い方

北海道は最近やっと温かくなって来ました。この時期のパッシブ換気の使い方を再確認させていただきますのでOB客のみなさまはぜひ調整をお願いいたします。

1:7月に入って室内と室外の温度差がずいぶん小さくなってきました。ずいぶん温かくなりましたね。床下のパッシブ換気の給気口を見ていただくと分るようにほとんど給気していません。つまり今のまま室内の換気扇を動かさないと換気不足の状態が生じてしまいます。仕事から帰ってきたご主人やお子さんに、家に入ったときの匂いの印象を聞いてみてください。外から帰ってきた人は家の匂いの変化に気付きやすいものです。

2:そこで床下の換気口2本を全開にして24時間換気のスイッチを二つともONにします。そのまま1日換気を行い、二日目からは1台をOFFにします。次の日のご主人やお子さんにもう一度家の匂いの印象をお聞き下さい。きっとぜんぜん違っています。家に居る事の多いお母さんではなかなか分らない換気不足。これからの季節はカビやアレルギーの原因にもなりますからぜひ気を付けて健康にお過ごし下さい。

■パッシブ換気のワンポイント
床下の給気管は「冬は1本夏場は2本」と覚えておきましょう。冬場は室内外の温度差が充分大きいので換気量は一年で最大になります。要は二本とも全開だと外の冷気が入りすぎて寒いですし暖房ロスも大きくなってしまいます。反対に夏場は内外の温度差が小さくなりますから少しでも換気量を増やすために給気管は全開にし同時に夏場は失ってしまう換気の動力(内外温度差のこと)を機械で補う必要があるのです。ぜひ上手に使いこなして下さいね~。

最近、女の子のギタリストが凄い・・今日はReiなんていかが
https://www.youtube.com/watch?v=rcWNjx70F5U

2017年7月1日土曜日

西野まちなかの家 遣り方確認

6/29は着工した「西野まちなかの家」の遣り方(やりかた)を確認した。この遣り方という作業。敷地の中に建物の位置を示す水糸を張り、主に基礎の高さを貫材で示して行う。要は建物位置関係と主に道路からの高さを作り手が遣り方という言語を通して設計者に確認を求めているというわけである。みなさんは普段の経験でやけに建築と道路との高低差が気になったり、この家入りにくいなあ~と感じる経験をしたことがあると思う。家の中の間取りは良いのだがどうも道路から入り難い。なんだか階段も高すぎる等々・・・もちろんこうした日常の違和感を無くすために設計者は設計の前に地盤の癖を読み高低差をばっちり測って設計で解決している。しかし最後はこの遣り方の確認で微調整を行うことが、例えば概ね平坦地と言えど微妙な傾斜を想定しなくてはいけない西野地区のような敷地には欠かせない。

貫材の上端を基礎の天端(最も高いところ)として決定し、概ね40cmを確認した。
 
今日はMONDO GROSSOなんていかが

小学校に札幌交響楽団がやってきた

6/28は三男の通う小学校に札響(札幌交響楽団)がやってきました。結論から言うと音楽の力は凄い。みんな目を輝かせて演奏に聞き入っていました。当たり前だけど究極のアコースティック。LIVE演奏が最大の魅力。スタジオや自由に修正が効くデジタル的なものは一切なく、個人の能力と楽器の響きで勝負。ふと想えばこうした一発勝負の機会が極端に少なくなった今日この頃。なんとなく社会から優しさや寛容さが消えてゆくように感じる原因のひとつかもしれないな?なんて考えました。

自分は楽団に入ってまだ数ヶ月です。と話す弦バスのおにいさん。近くで生音を聞くとCDなんかとはぜんぜん違って、お腹から響く。「自分で弦バスを選んだわけじゃないんですが弾いてみて気持ちの良い楽器だな~って感じたんです」
 
最後のやってみたい各楽器投票では堂々の第一位でした。「今日はみなさんありがとう。今度、札幌キタラホールでお会いしましょう!」という団長の言葉で締めくくった至福の1時間でした。企画をしてくれた担当の先生と校長先生をはじめ教職員のみなさまに心から感謝いたします。
 
今日は小高忠の指揮でエルガーなんていかが