2019年5月22日水曜日

桂岡の家 壁解体工事

屋根を先行させ、雨にも心配がなくなった2019年5月22日現時。少し振り返りも含めてブログを書いています。
 
写真は屋根のルーフィング(防水)を撤去し野地板から光が入った「桂岡の家」の小屋裏。棟札が見えているが、驚くべきはその小屋裏の広さです。
 
天井の上にはこんなに面白くて大きな空間があった訳で・・・天井断熱だとこの空間を全く生かすことはできません。建築のプロでなくても、この空間を使えるようにしたり、吹き抜けとして下から見上げられるようにしたいと思う人はきっと少なくないでしょう。
 
今回の工事で屋根面に沿った断熱に変更しますから、将来的に暖かな屋根裏部屋を作ることもできるようになります。
 
まさに断熱によって今まで長い間、使えなかった空間を取り戻している訳で、空間のボリュームに関して言えば、見た目は同じでも実態的には家の隅々まで使えるようになるのですからほとんど増築に等しいわけです。

天井裏に敷かれたGWを境に下側が室内、今見えている小屋裏は空間的には存在すれど気温としては外部(室内としては使えない空間)になります。
 
平たく言えば、断熱の知識が不十分だった時代は無駄の多い空間設計が当たり前。丸々部屋、数室分の空間が小屋裏として消えていたことになります。

 
上棟式は昭和45年(1970)の8月3日行われたようです。今年で築49年です。
 
宮司は地元(銭函)の豊足神社から。余談ですが同じ年には大阪万博が開催され、2年後の1972年には札幌五輪冬季大会が開かれました。

きっと家が寒かったのでしょう。壁を解体すると年代の新しいグラスウールで数回に渡って断熱改修されていることが伺えます。
 
上の写真の向かって右側がオリジナルのアルミサッシ、左側が初期のYKKプラマードです。窓が熱の逃げ道ということだったのでしょうが、この家でも樹脂サッシに交換されている部屋が比較的多く見られます。しかし窓の性能だけ上げても、その副作用で断熱の弱い部屋では逆に結露が増えたようです。
 
アルミ箔付のピンク色のグラスウールは比較的新しいものですが、湿気の通過した後に残る黒いシミ(ダスティング)が多く見られ、壁内結露が増加した様子が感じられます。

こちらの黄色いグラスウールが新築当時のものです。奥に見える壁はきれいな黄色のまま残っています。このようにほぼ当時のまま残っている部屋は基本的に暖房をしない部屋の場合が多いです。一方暖房をしていた部屋廻りに使われたグラスウールは気密シートがない場合、壁内気流にさらされてダスティングで真っ黒になり易いです。

サッシは既存の開口部下地を極力生かしながら、全てYKK430に変更します。

実際にお住いの家を極力外から断熱改修するために、一日の作業終わりにはこのように壁の養生が欠かせません。新築の場合は内装は一番後からですが、改修の場合は既に室内は出来上がっているからです。

2019年5月18日土曜日

日本建築学会 北海道支部技術賞

                                                                              
 
昨日は今まで苦楽を共にしてきた仲間たちと一緒に「建築学会 支部技術賞」をいただくことができました。想えば「300mm断熱プロジェクト」第一号となる「銭函の家」から数えて今年でちょうど10年目。現在は33棟目が工事中です。表彰理由も「300mm断熱住宅の一般化に向けた試み」とても嬉しく思います。今でこそ、国内における断熱工法の主流、3派の工法全てで300mm断熱を作れるように詳細図の標準化ができましたが、そこに至るには妥当な施工性や費用対効果を検証するために仲間たちの献身が欠かせませんでした。講評でもそんな北海道らしさを評価していただきました。

 最後に私たちの取り組みを認めていただいた選考委員のみなさま、そしてご推薦をいただいた森太郎先生に心より感謝申し上げます。

今日は土曜日なのでハワイアンでも聞きましょう
https://www.youtube.com/watch?v=Zfe6x6HCSZg

2019年5月15日水曜日

桂岡の家 屋根断熱工事その2

 
EPS断熱材の上にタイベックを敷きその上に通気垂木組をした「桂岡の家」。断熱レイヤーと通気仕上げレイヤーを明快に分離した北海道らしい屋根の断熱構造です。
 
こうすることで屋根に雨水が入ってもタイベック表面を流れ壁の通気層から腰水切りの上に排水されます。屋根の通気層と壁の通気層をスムーズに連続させることが北海道の断熱工法の特徴だと思います。
 
屋根の勾配を利用した排水の工夫は以前の天井断熱にはなかった特徴です。


 
垂木の強度を増すことで積雪寒冷地であっても深く軒を跳ね出すことができます。
 
今日はワールドオーダーなんていかが?

2019年5月14日火曜日

野幌の家Ⅱ スパイラルダクト工事

 
「野幌の家Ⅱ」は比較的大きな平屋ということもあり1種熱交換換気を用います。写真はその配管用のスパイラルダクト(鋼製配管)です。
 
昨年の4月にスウェーデンまでダクト換気の視察に行きましたがそこで目にしたものはかなり刺激的なものでした。日本で一般的なフレキ(蛇腹)管の類いは気流抵抗が大きいことと汚れやすいこと、更には汚れた場合のメンテナンスが困難なために既に使われていませんでした。
 
代わりに使われていたのがこうしたスパイラルダクト。フレキのように自由に曲げて配管することが不可能なために設計時に全て配管経路を立体的に検討し決めておかねばなりません。
 
また後のメンテナンスのために断熱層の中には決して埋め込まぬように断面設計をきっちり検討しておかねばなりません。日本の場合は特に配管の露出はご法度となる場合が多いので天井隠蔽とした場合も管を潰したり、梁を削ったりしなくてよいように梁の下端と天井下地の間に20cm以上の水平に連続する空間(配管の水平展開用空間)を確保しておきます。
 
スウェーデンで聞いたお話しでは、本来鋼製ダクトの設計はこんな風に立体的な視点で行う必要があるために当初から三次元を検討できる設計用ソフトとしてBIMの採用が進んでいるのだそうです。平面を眺めながら垂直方向の設計を主に法規上の高さ制限と意匠設計者の好みのプロポーションで決めて行く日本のやり方だと、そもそもこうしたダクトの配管スペースは犠牲になり易く・・・その結果が配管の小経化、自由に曲げ易い(つぶし易い?)フレキ管類の多用という悪循環につながることを実感しました。同じく設計時に想定されないために換気機本体の置き場も結果的に階間や床下しか残されていない・・・というのも恐らく同じ体質からくるものだと思います。
 
換気装置は汚れやすいもの。目線の高さでフィルターやモーターの点検が日常的にできるに越したことはありません。たまに「日本の大都市圏は地価が高くて機械室や配管スペースのような無駄な空間を作る余地はない~云々」というお話しも聞きますが、ではベルリンやストックホルムの地価は果たして安いのだろうか?と思ってしまいます。
 
余談ですが、設備機器の屋外設置のように一見計算上は高効率に見えても建物内へ熱搬送の際は熱がダダ洩れとなり易いように、そもそもダクトの正しい設計や施工がEUに比べて非常に日本は遅れています。願うことなら学校教育で意匠の先生が住宅の設計の時間に機械室の計画の重要性やダクト配管を前提とした矩計(断面設計)の決め方を教える時代が来ていると思います。

柱芯-芯455mmの内法350mmの間に直径125mmの配管を2本平行に設置します。

こんな風に管と管の繋ぎ目はしっかりテーピングして漏気しないようにしながら管を延長してゆきます。

もう一本の管が設置された状態です。 

管と管が干渉することなく設計通りに納まりました。
 
 
天井吹き出し口の位置はダウンライト等の照明器具と合わせてピシッと位置決めを行います。
 
今日はM.W.Mなんていかがだろう?
 
 

芦別の家 基礎工事

本日は晴天の下、「芦別の家」は基礎工事が進行中です。敷地が広いので駐車場や資材置き場が取れて助かります。
 
EPS断熱材の16cm厚で基礎断熱とします。この厚みになると十分な強度がありますから外側の型枠は不要になります。断熱材自体が型枠も兼ねてしまえるので枠付けが減ります。

根切で出た掘削土は敷地の北側にプールして埋め戻しと地盤調整用に再利用します。

止水板が入っているかどうか確認します。大切な部分ですから設計図には必ず記載しておくことが肝心です。

こんな感じでEPS断熱材を基礎の外周に沿って建て込んで行きます。


5/17(金)のコンクリート打設に向けてあともう一息です。

2019年5月13日月曜日

桂岡の家 屋根断熱工事

屋根の断熱工事に取り掛かった「桂岡の家」アスファルトルーフィングを取り去った野地板の上に厚手の防湿ビニールを敷き、その上にEPS(板状断熱材)を留付けてゆきます。軒部分では野地板を開口し屋根のビニールを壁に下ろし壁の防湿層と連続させます。 

住宅側から順に1:防湿層+2:断熱材+3:防風透湿シートの順番を守りながら屋根も壁もすっぽりとこの構成で覆ってしまいます。
 
50年前と決定的に違うのは「当時はまず構造が優先。断熱は二の次」。要は後からできるところのみ行えばよし!という考えでした。なので結果的に「家全体を断熱したい」と言う住まい手の思いとは裏腹に、家の各部の表面温度を改善する以上の効果は得難かったのだろうと思います。
 
50年後の現在では断熱材を正しく機能させるためには、その外部側には(防水+防風+透湿)性。室内側に関しては防湿性をセットで用意する必要性が知られています。意外にもこのコツを掴むと驚くほど断熱材のポテンシャルを引き出せるようになります。

写真は壁に向かって折り下げられた防湿ビニールシート。

複層化する外張り断熱においては下地のつくり方が非常に大切。ビスも太く長くなり熱橋にならぬようなディテール(室内側にビスを通して外の寒さを伝えない)が非常に大切です。

こちらは傷みの激しい煙突。まずは落下せぬようにバンドで固定しました。

大きな屋根を外張り断熱しますから、絶えず天気と相談しながら、進行に応じてその都度屋根全体を何度も養生しながら作業を進めます。一度雨漏りを起こせば内装や設備を傷める恐れがある断熱改修の現場ではマメな養生こそ欠かせません。

修理や今回の作業のために解体しなくてはいけないものがこのようにかなり多く発生します。当然廃棄するためには分別が前提ですので、例えば窓はガラスと枠を分ける等の手間も発生します。新たに入荷する材料とこれら廃棄するものを現場できれいに分類し作業動線を確保することも大工さんたちの大切な仕事。Z所長、S棟梁、K棟梁きれいな現場をありがとうございます。
 
今日は大好きなリシッツアでショパンを・・まるで波音が聞こえてくるようです。
 
 

伊礼さんと対談

                            
 
5月16日(木)に大杉崇さんと一緒に伊礼さんと対談させていただく機会をいただきました。企画していただいたのはいつもお世話になっている「ソトダン21」さん。北海道のもう一つの伝統でもある優れた”外張り断熱工法”を主に推進する作り手さんの集まりであると共に、昨年も「南幌みどり野きた住まいるヴィレッジ」にて道外の団体と合同で勉強会を催す等、積極的な活動を全国に広げています。私もソトダンさんの催しを通して知り合った本州のみなさんも多く、いつも刺激をいただいています。当日は建築家の仕事に標準化を取り入れた伊礼さんのお話しをお聞きしながら、北海道における断熱の標準化のお話しをさせていただこうと思います。みなさんぜひお越しください。またこの場をお借りして貴重な場を作っていただいた、高橋会長さま、酒井さま、松澤副会長さまに心より御礼申し上げます。
詳しくはソトダン21HP http://www.sotodan21.com/

2019年5月9日木曜日

野幌の家Ⅱ 屋根断熱工事その2

複数の半屋外デッキを持つ「野幌の家Ⅱ」。南西側のお隣の庭に面するデッキにはこんな風に列柱を立てて、やんわり目隠しします。

比較的大きな平屋なのでやはり屋根の断熱が中々たいへん・・・工区を分けながらもう少しで完成します。
 
 
やはり北国であっても雨に安心なように屋根から出来上がるのがいいと思います。作業場を移動しながら屋根の断熱工事を進めて行きます。
 

屋根の断熱が最初に終わった吹き抜けが休憩時の憩いの場。ぜんぜん暑くなくて窓からは爽やかな5月の青空が見えます。

ホールダウンボルトの足元はウレタンで防露するのが飛栄さん流。壁の中に隠れる金物は本当に気を使っていただいています。

先張りシートが施工された吹き抜け。

屋根の上にこれから使うグラスウールが山になっています。

外部のOSBにタイベックを先張りしサッシのつばで挟み付けた状態。タイベックは風にあおられるとうるさいし邪魔なので窓側に折り返しておきます。

軽量鋼製梁で補強したアプローチの天井下地。
 
今日はなんか気分がビートルズなんです。(笑)
 

新琴似の家Ⅱ 遣り方&杭芯出し

本日は晴天の中「新琴似の家Ⅱ」の遣り方と杭芯の確認に来ました。以前にも書きましたが、今年は極端な職人さん不足・・・どの工務店でも「基礎屋さんがいない(泣)」、「大工さんがいない(泣)」、「杭が間に合わない(汗)等々・・・」の大合唱・・・
 
そんな中なんとか着工にこぎ着けました。(ホッ・・・)これもそれもすべては飛栄建設さんのおかげ、やっぱ大工さんが社員の会社は違います。色々と難しい面もあると思うのですが・・・やはり今後、大工さんの社員化は進めるべきだと思います。
 
余談ですがそんな意味では設計者も同じ、何年かすると本当に設計屋さんも居なくなっちゃいそう。単なる資格や経験ではなく、自らの設計で食えるようにどう育てるのか?
 
そもそも自分はどうやって今のようになったのか・・・教えるって難しいです。
 
今日はビートルズなんていかが

桂岡の家 屋根解体工事

本日は屋根を防水まで撤去し明日からの断熱工事に向けて準備しました。野地板の隙間から光が小屋裏に差し込み小屋の中がよく見えるようになります。
 
屋根を一度全て葺き替えているので、屋根板金の下にはルーフィングが二種類残されていました。下に見える黒い防水紙が50年前のもの。その上に貼られた緑色のものは現在のものとほぼ同じなので、ここ20年くらいのものだと思います。
 
こちらは煙突。ブロック造で痛みが進んでいたので外周部を固定し、モルタルを流し込んで固定してから鉄板で覆います。
こちらは地下の軽量鋼製梁に気流止めを施したところ。こんな風に解体で生じた材料を上手に再利用し気密が少しでも上がるように下準備しておきます。

梁の間にきつめにGWを充填し天井に使われていたXPSを挽き割って底蓋にしました。この上から吹付ウレタンでさらに断熱を行います。

 

野地板の隙間から射す光で小屋組みの中には棟札が納められているのが見えました。それによれば当時の施工は石井建設株式会社。棟梁は館下忠之進とあります。
 
館下姓ということはきっと岩手か宮城の出身かもしれません。北海道には東北出身の大工さんが多いですからきっと棟梁もそうだったのかもしれません。
 
ところで館下棟梁は50年後に自分の名前を呼ばれるなんて想像したでしょうか、古い建物を解体し当時の作り手の技や考えを知ることはとても勉強になります。時を越えて当時の考えの何が正解でなにが誤りだったのかを知ることができるのですから。


当時の天井断熱は50mmの黄色いグラスウールマットを敷いただけ。恐らくその後、住まい手が寒さに耐えきれずにピンク色のグラスウールを追加したことが分かります。

繊維系断熱材は材料の間に隙間なく充填し、室内側の湿気を遮断しないと能力を発揮しません。きっと当時は布団をイメージして、天井板の裏に掛けるイメージだったのだろうと思います。

文字通り梁と梁の間に掛けられたようにそっと置かれたグラスウールです。入れ方も入れやすい所だけ入れればよい。という感覚に見えます。
屋根の上からは新緑に覆われた山並みが望めます。

一方、石狩湾の対岸には遠く浄水場が見えます。

大工さんが屋根を解体しているのを興味津々で眺める未来の大工さんたち。軒先が切り取られると、「やったー」パチパチパチと盛大な拍手。(笑)
 
明日のお散歩も楽しみにしててね〜毎日頑張るから!(笑)
 
うーん今日はユーミンだね〜海のそばだからかな(笑)