自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年11月30日土曜日

恵庭の家 地盤改良→基礎工事

恵庭では地盤改良工事が始まっています。

もと果樹園のためになかなかよい黒土が出てきますが、地盤自体は建物を建てようとすると改良が必用になります。「屯田の家」でも行った地盤改良杭により地盤を増し固め基礎の沈下を防ぎます。

オーガーで掘った穴にセメントを注入し水を加えて練り上げ土中に直径50cmのコンクリートの柱を作ります。
 
札幌より雪が遅れていた恵庭も、基礎屋さんが入る頃にはすっかり雪景色。

 
基礎の根掘りで現れた改良杭の頭。
 

うーん厳しい季節になって来ました。みなさん頑張りましょう!
 
今日は竹内まりあでyour eyes!あなたはご主人(山下達郎)とどちらがすき?
 

夜景を楽しむ家 高低測量

さて、今週は充実していました。写真は来春に着工を予定している「夜景を楽しむ家」の現地調査の様子です。敷地は30°の急傾斜ですが眺めは抜群!これから更に計画に磨きを掛けます。

雪の中レベルを据えて高さを測ります。

下から上を見上げたところ。うーん設計者としては燃えてきますね~(笑)

西野里山の家 内装左官工事

美しく仕上がった内装の左官壁、珪藻土を調合した壁は独特の清々しい白さと柔らかな素材感が魅力。貼りものでもなく、塗装でもない。独特の風合いの室内に仕上がります。

親方の鏝(コテ)の跡。けして同じではなく人間味があって、どこを見ても見飽きることがありません。

本棚をおく予定の踊場。同じ白なのに圧倒的に存在感のある壁の空気感はどこから来るのでしょう。話は変わりますが、現在の室内の湿度は90%。家中の壁を左官で塗るとやはりかなり湿度が出ます。来週からは設備屋さんにお願いして少しづつ室温を上げながら作業を進めます。

外では大工さんたちが北側の壁を仕上げ。週明けから最後の南側の壁に移ります。
今日はみなさんごくろうさま!ゆっくり休んでくださいね~!また来週よろしくお願いいたします。
 
今日はドゥービーなんていかが!http://www.youtube.com/watch?v=QTF_tTKRdb0
 

思いがけず嬉しい事!

今日はとても嬉しいことがありました。夕方の打ち合わせの用意をしているとチャイムが鳴り、「は~い」と答えると、「岩内のてんぷら屋です!」と声が言う。なんでもお孫さんが近所とのことでわざわざ事務所にお寄りいただいたご夫婦。そう、かつての岩内の天麩羅の名店「ときわ」のご主人夫妻でした。40年以上続いた名店、「天麩羅のときわは」6年前に惜しまれながら閉店したが、今でもその味を懐かしむ客は多い。もちろん私もその一人で、最初は2004年にさかのぼる。ちょうど「岩内の家」をストリームモダンプランの高橋氏と監理していた時、岩内出身の氏に連れて行ってもらったのが最初。一口食べてすぐに大好きになった。もと割烹料理屋のご主人が揚げる天麩羅はどれも珠玉の一品で特に天丼は甘辛くないさらりとしたタレが特徴。大きなえび二匹にイカ、春菊、キス
 が豪快に載って¥630はほとんどボランティア、今でも懐かしく想い出します。
写真は2007年の「ときわ」

いつも歓迎してくれた女将さん。
 

白衣姿の大将。

家族に教えると、早速全員が夢中になった天丼。

天麩羅盛り合わせはもう最高!

こんな風に港町独特のゆっくりした時間の中で家族と一緒に食べた味は一生忘れません。最高の味をありがとうございます。私の設計も、大将の味には遠く及びませんが精一杯精進したいと思います。