自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年6月13日木曜日

これは面白い事に!幸せな札幌キッチン事情

すっかりブログでおなじみ、クリナップ㈱の石川氏より「新たなスペースが出来ました!」のお知らせをいただき、行ってまいりました。3年前に同僚建築家から紹介していただいたことがきっかけで、氏とのお付き合いも気付けばあっという間の3年間。地域の材料や技術を掘り起こし、建築のデザインとして市民に発信することをテーマにさまざまな分野の試みを紹介してきましたが中でも、地元の白樺を用いた美しい合板によるキッチンの製作に始まり、北海道で一般的な間取りであるLDKの大空間を使った各家庭専用のキッチンデザインは、今やクライアントさんから石川氏の逆指名をいただくまでになり大成功を納めました。従来はショールームを舞台に規格品を大量販売するイメージが強い大メーカー。良くも悪くも70点の商品をいかに流通させるのか?といった基本戦略に囚われすぎることなく一点ものを作り込むという、大企業が本来不得意とする分野に新たな需要を見出しています。

足回りのステンレスの巾木加工や内照式照明のセンス。床は無垢の北海道産ニレ材のフロア。

ゼブラウッドの突板で作られたニッチにLEDの極小ダウンライト。

調度品のセレクトや照明の入れ方も石川氏の提案が生かされている。

北海道産のカバとスプルスを用いた框(かまち)扉のサンプル。

通常どうりショールームではメーカーの規格品のラインナップを扱っているがこちらのスペースでは基本的にスペシャルなものが主体。

白樺合板の扉の見本も様々なものが用意され、ご当地グルメならぬ北海道スタイルのオリジナルキッチンを作ることが出来る。当然ながらこうしたスペシャルな要望に対応できるのは東京以外は現在、北海道支店のみ。良質な地域材や地元の美しいステン加工の技術を用いた世界に一つだけのキッチンをリーズナブルに作ることができるということなんです。美味しい食材に溢れる北海道だからこそこんな選択肢はとっても魅力的だと思いません?(笑)

旭川で加工された扉の彫りこみ引き手。

端部加工の種類の他に表面の仕上げにもバリエーションが。

ペーパーウッドをルーターで彫りこんだ扉の見本。彫りこむ位置や形状で挟まれた再生紙の緑の模様が様々に変わるので面白い。たとえば家中の家具や階段、枠回りとコーディネートすることも可能。デザインの可能性が色々と広がって楽しい。

地元のカバやナラ、タモ材で作った扉のサンプル。

見慣れていても、身のまわりにはほとんど使われてこなかった白樺。色は塗装すると赤味が穏やかです。派手さは少ないものの毎日使うカジュアルな材料としてはその分空きも来ません。なにより北海道っぽくてよいと思いませんか~(笑)

その名も「札幌キッチンスタイルラボ」

まだほとんど出回っていない国産の4点レンジ(但し魚焼き器はナシ)

ドイツ製の高級水栓メーカーであるグローエがずらりと並んだ一角。お洒落なアクセサリーやハイセンスなガラス棚等も実物を見ながらチョイスが可能。



こちらは天板のステンレスのバイブレーシヨン仕上。傷が目立ちにくくお薦め!一時の人工大理石人気も一段落し、近年は耐久性に優れるステンレス天板の人気が高まっています。確かに一生ものですよね~(笑)

光り方が穏やかで安っぽさもなし。ヘアーラインに飽きた方はいかが?

地元の加工業者が鏡面の水準まで磨き上げ曲げ加工したトレイ。

うーん!さすがクリナップさん。これから北海道のキッチンは凄く面白そうですよね~(笑)。たくさんの地元の素敵な材料や技そしてセンスで素敵なキッチンが生まれるといいですよね~。さて次はどんな仕掛けを考えようかな~(笑)

今日はクリスブラウンなんていかが?かなりマイケルの影響を感じるクリス。歌も上手だけどダンスも上手い!PVの中で寿司をつまむ中国系アメリカ人の豊かさに今の時代を感じますよね~。

「屯田の家」 着工

おかげさまで「屯田の家」が無事着工となりました。これからがとても楽しみです。担当するのはブログでもすっかりおなじみになった㈱丸稲武田建設さん。棟梁は2005年から弊社の設計を担当していただいている内野沢棟梁。どうぞよろしくお願いいたします。

敷地は日当たりの良い南側の敷地。遣り方を終えもうすぐ杭打ちが始まります。

6月のニセコの家

夜のニセコの家は私のお気に入りです。特に北海道の初夏にあたる6月の夜は蛙の声を聞きながら、低くかけた音楽と少々のお酒でとてもよい時間を過せます。 
照明も少し暗目が落ち着きます。

リビングの窓からは羊蹄山(蝦夷富士)が見えます。

朝の光は東側の天窓から差し込みます。

台所から南側のダイニングを見通すと緑のスクリーンにテラスが向いているのが見えます。

東側の窓の外には隣人が毎年楽しみにしている家庭菜園の風景が広がっています。

朝街を散歩するとこんな風景にあちこちで出会います。

フライパンに薄くバターかマーガリンをひいて、フランスパンをカリッと焼いた朝食なんていかがでしょう?(笑) パンの表面ににんにくをこすってから焼くのも良いアイディアですし、写真の状態のパンの上にトマトの輪切りを載せ、上にピザ用チーズを振りかけ蓋をして、チーズが香ばしく焦げるまで蒸し焼きにするのも、きっと家族は喜ぶと想います。

奥行き90cm(半間)のテラスなら洗濯にしか使えませんが倍の1.8mあると家族にとって最高の朝食のスペースが生まれます。今の時期の北海道は週末になると肉を焼く炭の良い匂いが季節を感じさせますが、北海道に暮らすならぜひお勧めしたいのがこうした空間です。