自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年7月15日土曜日

澄川の家 夏の様子

video
夏場は機械換気をONにして床下に給気します。
夏場に機械換気を使わないと、ご覧の通り内外温度差が均衡してパッシブ換気の給気口からは外気が入ってきません。今頃の季節は機械換気をしっかり使ってください。

夏場、二階にある居間の大窓は大きな熱源になるので外付けブラインドで積極的に日射遮蔽を行います。大窓のある間取りは気持ちの良い反面、日射遮蔽のコストが割高になりがちです。


今日も屋外はもの凄く暑くて33℃以上ありますが、二階の窓際の日射の当たらないところで31℃です。
こちらは床下ですが概ね27℃くらいです。

床下は外気を入れている状態です。

床下には2階の機械換気に引っ張られて約1.1m/秒、毎時140m3(70m3/時間×2管)。アースチューブにより地熱で約26℃にまで冷却された外気が入ってきます。この条件の露点は約20℃ですが外気により床下もほぼ同じ温度にまで暖められますので結露の心配はありません。
 
今日は宇多田ヒカルなんていかが