自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年6月13日木曜日

6月のニセコの家

夜のニセコの家は私のお気に入りです。特に北海道の初夏にあたる6月の夜は蛙の声を聞きながら、低くかけた音楽と少々のお酒でとてもよい時間を過せます。 
照明も少し暗目が落ち着きます。

リビングの窓からは羊蹄山(蝦夷富士)が見えます。

朝の光は東側の天窓から差し込みます。

台所から南側のダイニングを見通すと緑のスクリーンにテラスが向いているのが見えます。

東側の窓の外には隣人が毎年楽しみにしている家庭菜園の風景が広がっています。

朝街を散歩するとこんな風景にあちこちで出会います。

フライパンに薄くバターかマーガリンをひいて、フランスパンをカリッと焼いた朝食なんていかがでしょう?(笑) パンの表面ににんにくをこすってから焼くのも良いアイディアですし、写真の状態のパンの上にトマトの輪切りを載せ、上にピザ用チーズを振りかけ蓋をして、チーズが香ばしく焦げるまで蒸し焼きにするのも、きっと家族は喜ぶと想います。

奥行き90cm(半間)のテラスなら洗濯にしか使えませんが倍の1.8mあると家族にとって最高の朝食のスペースが生まれます。今の時期の北海道は週末になると肉を焼く炭の良い匂いが季節を感じさせますが、北海道に暮らすならぜひお勧めしたいのがこうした空間です。