自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2012年12月27日木曜日

西野の家Ⅱ 木製サッシ工事

本日は、厳しい寒さの中、すっかりおなじみ!ヘビー級の木製サッシ工事です。とは言ってもいつもとは少々内容が異なります。まず「西野の家Ⅱ」の建つ敷地は基本的にほとんどが準防火地域内。要は窓のほぼ全てが防火窓(法律では防火設備という)であることが求められるのです。通常なら網目模様が目にウルサイ「網入りガラス」を用いる必用がありますが、ガデリウスのエリートフェンスター(窓の製品名)は高価な結晶ガラス(鉄網を用いなくても防火性が担保できる特種板ガラス)を用いた防火窓をラインナップしています。そのおかげで準防火地域ながら通常の住宅地と変わりないクリアーな窓からの視界を楽しむことが出来ます。しかし問題はその尋常ではない重さ。火災のときにガラスが容易に落下しないように対策した枠周りや、防火性も大切ながら断熱性も犠牲に出来ぬことからトリプル化されたガラスの重量はハ.ン.パ.ナ.イの一言。 
重たいトリプルガラスに慣れた「チーム西野Ⅱ」のS職長も大苦戦。大の男三人で持ち上げることもままならず、慎重にずらしながら作業を進めます。



最大のものは1.8m×1.9m。重量は140kg級といったところ。



ほぼ真南にむいた二階のリビングは「発寒の家」に似た構成。異なるのは向かいが作業場のためにそこからの視線を外部テラスの腰壁によって完全に遮断するところ。庇の奥行きは「発寒の家」よりもさらに深くなり約2.7m。夏場の日射遮蔽を外付けブラインドに頼らずに行う仕掛けです。

ステンレス製の筋交いコボットは最近登場回数が多くなりました。

連日の雪が降り積もった屋根からの眺め。空は冬空鉛色!

外貼りされる断熱材はおなじみパラマウント硝子工業社製の新開発製品。今後主力となる超高性能グラスウールです。20kg/m3超細繊維で従来の16kg細繊維の製品より約1割の性能向上を果たしています。熱伝導率λは0.035W/mk。硬く腰が強いために垂直面のみならず斜め天井のようなところにも使え、結果として建物、内装デザインの自由度が大きく増しています。

いよいよ横綱クラスの取り付け。

無事中央に取り付けました。