自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2017年3月15日水曜日

旧荒谷邸特集 建築知識ビルダーズ


 
ブログでも何回かご紹介している旧荒谷邸。約40年前に当時の北海道大学工学部教授、荒谷先生の手で竣工した超断熱の家である。驚くべきは40年も昔の家が最新の新築の性能を遥かに凌駕していることである。この度、建築知識ビルダーズ誌で巻頭16Pの特集を組んでいただきました。お忙しいところ取材と見学をお許しいただいたタギ先生、激務の中、全体校正をお手伝いいただいた登尾さん、入院中にもかかわらず校正にご協力いただいた荒谷先生、淑子さま。この場をお借りして心より御礼申し上げます。
 
過去ログもよろしくおねがいいたします。
 
 
 
まだまだ知られていない北海道の断熱。建物を断熱することに戸惑いを覚える人間は北海道には少ない。しかし全国に目を向けるとかなり実情は異なる。主に温暖地と呼ばれる国内の多くの地域では四季の暑い寒いを当然のこととして住いに受け入れそれとともに暮らすことを歓びとしてきた。という伝統を持つからだ。その一方で先進国の一つとして将来的な地球環境保全のためには建物の断熱を法制化し2020年の完全義務化に向けた動きが既に始まっている。
 
特集では1979年竣工の荒谷邸の各部を紹介しながら、現代に通じる荒谷先生の哲学を当時の講演録とともに紹介している。ぜひお近くの書店でお買い求めいただければ幸いである。私も久々に原稿に汗をかきました。(笑)
 
木藤編集長さま:ありがとうございます。先ほど受け取りました。編集部のみなさんの思いの込もった号になりましたね~。心より御礼申し上げます。年末のお忙しい最中、北海道取材までしていただいて、ほんとうにごくろうさまでした。パッシブ換気の西方邸に旧荒谷邸特集、全国でエコハウスに取り組む皆さんのお仕事の数々・・これからじっくり拝読させていただきます。後ほどJIA北海道支部にも一冊届けてまいります。おかげさまで支部長も喜んでいます。(笑)今後とも若手を含めまして積極的に環境的な建築を発信して行きたいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

今日はバンプなんていかが・・いい曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=plXjYiRcBtA