自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2015年8月19日水曜日

山の手の家 竣工お引渡し

建て主さまをはじめ、たくさんの方々のご協力のもと取り組んでまいりました「山の手の家」の性能向上リフォーム工事が無事完了し、本日お引渡しの運びとなりました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。想えばご相談をいただいてはじめてお伺いしたのが昨年の4月。一時は建替えも検討しましたが、わずか築12年の事もあり、長年住み慣れた地域で修理できるものは極力直して使おうとなりました。建物は堅牢でしたが当時の断熱関連の施工や理解度は不十分で躯体内結露や大規模な漏気があちこちで生じていました。無駄の多い間取りや最もよく使う居間や水廻りが最上階なこと、またそこまで上がる階段が窮屈で急勾配なこと等々、断熱構造のみならず間取りも含む建物全般に関する見直しが必要となりました。一方で普段の新築では絶対に経験し得ない貴重な体験やノウハウを得る機会となりました。私たちが普段、当たり前に行っている断熱や気密ですが充分な理解のもとに確実に行わないと危険でさえあること。もし断熱構造を誤るとそれを根本的に直すことは非常に難しいこと等々作り手として忘れられない仕事となりました。
 
リフォーム前の「山の手の家」。居住部分の約1/3を占めていた3階部分を丸々減築し、そこにあった機能を2階に吸収、大胆に間取りを見直して、5人家族が過不足なく暮らせる家にします。もちろん減築は建物重量を大幅に減らし耐震性を向上させることや階段の上り下りといった垂直動線の短縮にも寄与します。
 
こちらは南側からの眺め。隣地の大きなさくらんぼの木が涼しげな木蔭を作り居間の窓に緑の影を落とします。新たな計画ではこの南側に2階のテラスを設け居間と連動した半屋外の気持ちのよさを取り入れました。この8畳の大きなテラスは野菜のポッド栽培やバスコート、BBQをはじめとする家族のレクリエーションにも大活躍します。
従来は南に開口部が少なく、閉鎖的な印象でした。

新たな居間からは、さくらんぼの木の緑を窓一杯に楽しむことができます。
 

読書好きなご家族のための「家族コーナー」。子供たちの勉強スペースや主婦にとっての家庭事務をこなす場所として最近はとても人気があります。
 
ゆったりと架け替えられた階段。材料は北海道らしく白樺です。
 
今日はおめでたく竣工なのでヘンデルなんていかが