自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年9月28日土曜日

中学校の学校祭

昨日は、次男の学校祭。中学校ともなるとなかなか気合の入った展示を見せるようになる。写真は部屋の照明をブラックライトとし蛍光のシールが輝く効果を狙った展示。一時期、クラブ↓(お姉ちゃんのほうじゃなくてダンスのほう/笑)や流行のショットバーなんかで使った時代があるけどこんな風に星空や地球に使うのもまた新鮮!なかなかにかっこよかったです!

ブラックライトは、白いシャツなんかも青白く映し出す。

こちらは海を題材にした展示スペース。手前に見えるのは巨大なジンベエザメ。

ものづくりの街、発寒の子供たちらしく作りものが多くて楽しい。ちなみにこの巨大なジンベイザメは発泡スチロールを根性で削り出したもの(笑)。きっと全身、真っ白になりながらの大奮闘、作った人はほんとうにごくろうさま!(笑)

炊事遠足のときの心境を詠った次男の句、他の子達が定番のカレーとシチューと豚汁で攻める中最後まで「俺はギョーザが食べたい!」と貫いた根性はまあ今日の所は褒めておこう!しかし「おいしくてかたずけがはかどる」とはいかがな意味か?すぐになくなり皿が空の状態を指しているのか?まあいづれにせよ、「かたずけ」ではなく「かたづけ」が正解なことも本人に伝えておこう。(笑)

会場で貴重な戦力になると同時に今回はメイド風のいでたちで登場のお母さま(お姉さま)たち。小学校ともども、学校イベントには一緒に参加する保護者の協力が欠かせません。
心よりごくろうさまです。