自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年2月19日火曜日

小樽雪あかりの路

はじめて家族で小樽雪あかりの路に行ってきました。家族揃って、服装はオーバーパンツにヤッケの重装備。(笑) しかしすごく大きな発見がありました。その発見って笑っちゃうんだけど...意外や「寒くなければ冬の散歩は最高に楽しい!」ってこと、それと「雪あかり」は最高に美しくて、「夜」、「雪」、「照明」の三点セットは 北国の人間にとってともすれば憂鬱な冬を魅力的に一変させる!っていうこと。生まれてこの方北海道から出たことのない私ですら感動するイベントだな~と思いました。

札幌の雪祭りのような商業化されたイメージとは対照的に市民が積極的に参加する「手作り感」が最大の魅力ですよね。開催期間中、会場に人が溢れているのに地下街は定時に締まる札幌とは違い、路面店の前にもこうした演出が随所に見られて街に賑わいを与えています。街全体でイベントを楽しんでいるんだな~と伝わる雰囲気がなんとも心地よいです。

凍結した運河はやはり美しいです。


外は寒いのに、思わず暖かさを感じる雪の街。

いろいろな光の扱いに刺激を受けました。

三男は大きな雪だるまに大喜び!

透明度の高い氷で建物をつくったアイスバーは雰囲気二重丸!ホットワインでもいかが?(笑)

暗いってわるくないよね~と思わせる、非日常感がいいと思いませんか~(笑)

雪でつくったアーチは素敵でした。


小樽といえば純喫茶!そう最近流行の気取った「カ.フ.ェ」じゃなくて「喫茶!」逆にこんな光天井や赤いベルベット貼りのソファーが街の雰囲気にぴったり。「あまとう」や「館」に「光」といった純喫茶の珠玉の老舗たちが小樽にはまだ残っています。街歩きの一服にぜひ寄って見てはいかがでしょう?もう札幌では食べられなくなったナポリタンやブレンドコーヒーの味を楽しんでほしいと思います。(笑)