自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2012年10月9日火曜日

発寒の家 断熱下地工事

写真は外貼り断熱の下地。ここに140mmの断熱材が入ります。そして壁の中に105mm、さらに室内側に50mm入れますから全部で約300mmとなります。「発寒の家」ではすべて綿状断熱材であるグラスウールを用いますので、この断熱下地作りがたいへん重要になります。もともと形状の軟らかい綿状断熱材ですからこのマス目の中にピタリと入るように注意して組み立てます。

こちらは耐力面材のOSB合板を貼っているところ。最近の在来工法は主に2×4工法(枠組み壁工法)を手本に発達してきました。柱の外側から貼り付けるこれらの合板が筋交いの役割を果たし、構造を強化すると共に前述のような外貼り断熱材の下地としても機能します。

琴似の中心部に建つ高層マンションの現場が見えます。

秋になるとクラシックが聞きたくなりますね~(笑)今日はパガニーニなんていかがでしょう?