自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2012年12月10日月曜日

発寒の家 お引渡し

さて、今日は「発寒の家」のお引渡しです。今までいろいろありましたけど、無事出来上がってほんとよかった~(笑)。道南杉のよい匂いに包まれて今は充実感で一杯です。納品の準備を妻と共に終え現場に向かいました。

リビングからの眺め。明るい家になりました。

こちらはキッチンからの眺め。製作はクリナップ直需事業部。

家具は旭川家具の㈱匠工芸。

二階にもかかわらず吹き抜け付きの明るい浴室。内装は道南杉板貼りです。

主寝室と間接照明。最近は茶系が人気のようです。

すこし日本以外のアジアの香りを意識した客間の障子です。

葛布を貼り、引手はアルダー材で加工したフスマ。

北海道の家に広めたい玄関土間。天井の格子が二階の明るさを下に落とします。

職人の手による各部のディテールも内覧会の楽しみですよね~(笑)写真は鉄製の丸棒を美しく曲げた階段の手摺の一部です。

キッチン収納の扉の手掛け部分。

シャープに薄く折り曲げられたキッチンの天板です。

下階に光を落とし、気配を感じさせる床のスノコ。もちろんアルダー材です。

かわいい!と大人気だった㈱匠工芸による床の換気ガラリ。

㈱店舗什器製作所によって削り込まれたアルダー材の手摺。

縦格子のように見える壁の杉の押し縁と遮熱ブラインド。縦と横の美しい縞模様もすっかりおなじみになりました。

今日は一緒にS.ブライトマンでもいかがですか。