自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2012年11月30日金曜日

発寒の家 内覧会のご案内


ブログを通して現場の様子をお届けしてまいりました「発寒の家」の内覧会を行います。ぜひ当日はお誘い合わせの上ご来場いただければ幸いです。


週末もサービス残業という方のために、土曜日は夜21:00まで見学可能です。 

「チーム発寒」  プロジェクトマネージャー   山本亜耕

「発寒の家」とは?

当初は「西岡の家」と同じ北海道R住宅による性能向上リフォームからスタートし二年越しで完成を迎える「発寒の家」。その間に3.11を経験し、エネルギーに対する設計思想を大胆に改めた初めての30cm断熱の家です。具体的には北海道で一般的なLDKを二階に設け、南側を全てガラス貼りとし日射熱により暖房エネルギーの3割以上を賄うことを目指しました。機械換気とパッシブ換気を双方備え、必要に応じて切り替えが出来るよう、また行過ぎたオール電化への反省から複数の熱源に分散させています。夏季の日射遮蔽にも積極的に取り組み外付けブラインドやテラスと一体化した庇で部屋が暑くなりすぎぬようにしました。計画的には、好評の大きな玄関土間や室内から使える北海道スタイルの物置、二階の吹き抜けのある浴室やどこからも覗かれずに空を眺めてビールが飲めるインナーテラス等々、今回も盛りだくさんです。クライアントは子育てを終了した世代ですが、子供たちが家族と共に実家に泊まりに来た時に大活躍する上下階に分けた水廻りと寝室のレイアウト等は両世帯が適切な距離を保ちながら連泊も苦にならない工夫としました。普段はクライアント本人のライフスタイルを満足させ、子世帯、孫世帯も憧れる親の家。もちろんキッチンや製作家具に照明、インテリアも一生懸命つくりました。(笑)


■データー

①:Q値   0.7W/㎡/k
②:C値   0.1cm2/㎡(中間検査時)
③:必用暖房容量 1.3 kw(*:但し外気温-13℃、室温22℃の場合)
                  (1.3kwとは家全体の必用暖房熱量がドライヤー1本分程度) 
④:断熱        新型グラスウールによる外貼+充填壁:33cm、屋根:44cm相当
             (*グラスウール24kg/m3換算)

⑤:換気      回路1:第一種熱交換換気日本電興株式会社)
           回路2:パッシブ換気(デマンド型排気口/㈱マツナガ)
⑥:暖房      主暖房:ペレットストーブ、予備暖房:温水パネルヒータ
⑦:給湯      ガス潜熱回収式暖房+給湯ボイラー(エコジョーズ/LPG熱源)
⑧:断熱サッシ  フィンストラル社製/北イタリア:施工 ㈱エンヴェロップ
           (アルゴンガス入りLOW-E3層ガラス+樹脂スペーサー) U:0.78w/㎡k
⑨:日射遮蔽   バレーマ社製/ドイツ:施工㈱エンヴェロップ
⑩:断熱材     極細繊維(λ=0.035w/mk)新型グラスウール
                         パラマウント硝子工業㈱ 


*:建築主さまのご好意により会場をお借りしています。内覧会終了後はお引渡しが決まっておりますのでご見学の際には、ご配慮をいただければ幸いです。また会場は住宅街ですので車でご来場の際は、近隣の迷惑になりませぬようお願い申し上げます。

「チーム発寒」 紹介

■プロジェクトマネージメント(設計、監理)  山本亜耕建築設計事務所
■生   産(ゼネラルコンストラクター)   ㈱丸稲武田建設
■建築環境計画                 (有)タギ建築環境コンサルタント
■断熱材                      パラマウント硝子工業㈱
■遮熱ブラインド+断熱サッシ         ㈱エンヴェロップ
■0勾配無落雪屋根              ㈱プロテック
■ペレットストーブ及び道産ペレット     ㈱イワクラ
■オーダーキッチン              クリナップ㈱直需事業部
■製作家具                   ㈱匠工芸
■構造材                     イワクラプレカットシステム㈱