自己紹介

自分の写真
札幌市, 北海道, Japan
はじめまして。 北海道、札幌市で設計事務所をしています。 暮らしに最も近いものづくり「建築設計」 地域色豊かで環境的、使いやすくて長持。 そんな暮らしのデザインが大好きです。 社会の悩みを建築デザインのテーマにすると面白い! そんなことを考えながら今日もスケッチしています。建築(暮らし)のお話しあれやこれ... どうぞお楽しみ下さい。

2013年7月27日土曜日

北方型住宅をデザインする!

昨年、建築家4人で本を書く機会をいただきました。
題して「北方型住宅をデザインする」監修:北方建築総合研究所、発行(財)北海道建築指導センター

北海道で北国独自の設え(しつらえ)として断熱を中心とした雪や寒さに対する知恵が発展した背景には、それまでの本州伝来の和風住宅の限界がありました。本州各地から開拓のために入植した人々によって全道各地に入植者の故郷の家が建てられましたが、その多くが北海道の気候に合うものではありませんでした。断熱が正しく理解され、現在の水準で見てもほぼ間違いのない家が建ち始めるのが約25年前、意外や平成に入ってからのことです。当然ながらそれまでもそれ以降も断熱技術といった方法論を中心に北海道の住宅は発展してきたわけですが、その歩みも大きなターニングポイントを迎えつつあります。建築に限らず、発展の過程において方法論が大切にされる理由は、「困り事の解決」を目的とするからですが、その解決策が広く普及した今、これからの北海道の家はどこに向かうのか?が問われているのです。なんだか難しいことを書きましたけど、要は今までの蓄積を生かしてどんな風に新たなわくわくする「北方型住宅」を作ろうか?そのきっかけとしてデザインに注目した初めての本なのです。

でもデザインって各人で好みや価値観が違うように「これっ!」て決め付けられないですよね~?反面、「機能や性能だけでデザインは二の次!」なんて人も今は少ないと思います。まあ一般的にデザインと日本語で言うと見栄えを指す場合がほとんどですが、それを一つの結果と見るなら、それぞれの建築家がどうやってそこまでたどり着いたのか? 興味が沸きませんか~?(笑)

この本はそんな各建築家の手の内を大公開した貴重なものでもあるのです。講習会に来ていただいた方はテキストとして配布されますが、それ以外の方はPDFでダウンロードも可能。

そうね~デザインって面白そー!という方はぜひお読み下さい。

ダウンロードHP http://www.hokkaido-ksc.or.jp/04_01_books/bookslist.html